スポンサーリンク




小笠原慎之介投手(東海大相模)のスカウト評価は?ドラフトが気になる!

スポンサーリンク




夏の甲子園2015もあっと言う間に決勝ですね。

 

決勝は東海大相模(神奈川)対仙台育英(宮城)となりました。

 

ドラフト注目の選手の1人だった早稲田の清宮選手は残念!ですがまだ1年生であれだけ注目されている事ですから、きっと来年さらに実力をつけて戻ってくる事でしょう。

 

今回は決勝に進出した東海大相模のエース投手である小笠原選手のプロフィールやスカウト評価について書いていきたいと思います。

 

小笠原慎之介選手のプロフィール

小笠原慎之介選手は現在3年生で身長180cm、体重83kg、左投げ左打ちの投手です。

高校生でこのサイズ感は、プロと比較しても遜色無いポテンシャルですね。

まだまだ伸びしろは十分あるので、期待されるのも納得です。

 

投球スタイルは、MAX150Km/hのストレートとカーブ、スライダー、カットボールを使いこなし、さらに最近では決め球にチェンジアップも見せる等、器用にまとめられるといった印象です。

左投げを活かした右打者に対する内角へのクロスファイアは圧巻ですが、どちらかというと空振りを狙うというよりゴロで打ち取るといったタイプのようです。これは投数を抑える事ができるので、高く評価される要因でもありますね。

 

今年の甲子園は、もう一人のエース投手である吉田選手と交代しながら勝ち進んでいきました。

準決勝8回で登板していきなり2失点した時はヒヤヒヤでしたが。。。二人のエースで関東第一のエース打者であるオコエ選手を見事抑える事ができましたね。是非決勝でもこの二人の連携で戦い抜いて欲しいです。

 

スカウトの評価は?

小笠原選手には各球団のスカウトが揃って高評価をつけています。

 

「即戦力。左で150キロを投げるのはいないし、腕の振りも柔らかい。(高校生で)今見ている中では彼が一番」

(ロッテ・伊東監督)

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

「真っすぐの平均球速が145キロ前後出ている。そしてチェンジアップが、その真っすぐと同じ軌道なのが素晴らしい。あえて課題を挙げるとすれば、スライダーを右打者の内角にもっと投げ込めるようになれば、さらに楽にピッチングできる」

(阪神・北村スカウト)

スポンサーリンク

 

「高校生ではなく大学、社会人を含めたアマチュアの左腕で一番。まず左で150キロを投げられる投手はプロでも少ない。球の質もプロのレベルで遜色ない」

(日本ハム・大渕スカウトディレクター)

スポンサーリンク

 

「投手では、東海大相模の小笠原慎之介が即戦力に近い。直球は150キロ超で技術的にすべてA。同じ左腕の西武・菊池の高校時代と比べ、制球力や完成度は小笠原が上。トータル的な魅力がある」

(巨人・山下スカウト部長)

 

「大学、社会人でも、これほどのスケールの大きい投手はいない。即戦力に近いね」

(オリックス・中川チーフスカウト)

 

「文句なしのナンバーワン。春から見違えるように良くなった。体のバランス、腕の振り、コントロールに切れもある。右打者の懐へ投げる球はプロでも打たれないのでは」

(広島・苑田スカウト部長)

 

「あの直球はすごい。ウチの松井裕樹が『すごい』とずっと言っていたがその通り」

(楽天・立花社長)

 

「以前は変化球で腕が緩んだが、今はしっかり振れるようになってきた。練習している証拠。成長を感じる。上位は間違いない」

(DeNA・吉田スカウト部長)

 

各球団とも高評価で、今年のドラフト候補として挙げているかと思います。

個人的にも是非甲子園でしっかり結果を残してプロ入りの道を進んで欲しいと思います!

 

 

スポンサーリンク