スポンサーリンク




コスプレや仮装をしてハロウィンパーティーに出かけよう!

スポンサーリンク




今年もまたハロウィンの季節がやってきました。

日本でもずいぶん定着し、町中がオレンジ色になり、カボチャやおばけの飾りつけが目をひきます。

もともとは、宗教的な意味合いがあり、秋の収穫祭から悪霊をとりはらうものとして、ヨーロッパで始まりましたが、現在は宗教的なものではありません。魔物が人間にとりつき、あの世に連れていかれないように、おばけの姿をして、仲間のようにカモフラージュすることから仮装が始まったと言われています。

スポンサーリンク

最近では、日本でもコスプレをして町を練り歩くイベントが数多く開催されています。日本人だけでなく、海外からも思い思いの姿で参加しています。どんなコスプレやイベントがあるのでしょうか?

 

おすすめのコスプレ&仮装

ハロウィンでは、子供から大人まで、男女が仮装を楽しみます。どんなものが人気なのでしょうか。

・ディズニーキャラクター

スポンサーリンク

何といっても不動の人気、ディズニー。子供もお母さんも大好きです。アナと雪の女王、白雪姫、トイストーリー、アリス、シンデレラ、ミッキー、ミニー、ドナルドなど、友人同士でおそろいにしたり、家族で1つの映画のキャラクターを分担したり、楽しみ方も色々です。

 

・おばけ、ゾンビ

本来のハロウィンの仮装がおばけ&ゾンビです。顔は青白く、体には傷メイクをして、怖い表情をいかにつくるかがポイントです。100円ショップでは、たくさんのハロウィンのためのメイク道具が売られており、この時期は大盛況です。

スポンサーリンク

 

・かわいい編

子供や女性向けのキュートな仮装です。

ねこ、メイドさん、魔女の宅急便、トトロ、もこもこファー、パンプキンなど思わずかわいい!と叫んでしまうコスチュームです。

 

・セクシー編

女性だけでなく、時には男性もセクシーな衣装が目をひきます。

マリリンモンロー、バニーガール、ミニスカポリス、水着、肌を露出したものは注目度も高いです。

 

・ハンドメイド

スポンサーリンク

毎年目をみはる手づくりの衣装で笑いを誘うものもあれば、何か月もかけて作られた本格的なものまで様々です。

お菓子のパッケージをまとったり、ゆるキャラや映画の主人公に扮したり個性が発揮される場面です。

 

・ペット用まで

最近では、ペットと一緒に練り歩く姿もみうけられます。ペット用に特別に制作したり、既製品でも作られているようです。

 

2015年はどんなイベントがあるでしょうか?

・「川崎ハロウィン」

日本最大級といわれている「川崎ハロウィン」。

10月17日~31日まで、神奈川県川崎駅周辺で行われ、キッズパレードも開催されます。毎年コンテストも行われるので、そのために全力で気合の入った衣装を制作する人々によるパレードで、見ごたえも十分です。

 

・「渋フェス Halloween2015」

今年も10月31日、渋谷では眠らない夜がやってきます。渋谷のライブハウスやクラブではお祭り騒ぎとなります。海外からもたくさんの参加者があり、世界においても有名だそうです。相当な混雑が予想されます。

 

・2015年初「ハロウィンダッシュ」

千葉の幕張海浜公園で10月11日に行われる「ハロウィンダッシュ」は、今回初めてのイベントです。

仮装は自由ですが、公園内のコースを走り、途中泡やスモークを受ける場所があります。

 

・「六本木ハロウィン」

10月25日、六本木でパレードが行われます。なかなか歩くことのない六本木通りも歩くので良いチャンスです。チケット制なので事前に購入する必要があります。

 

イベントにつきものなのが、モラル。お花見、花火大会などでもそうですが、翌日のゴミの多さには驚かされます。トイレの中に散乱した着替えた後のビニール袋、コスプレのためのお化粧のあとの汚れ、花壇は荒らされ、道路にも食べ物の容器が数えきれないほど散らかっています。これで良いのでしょうか。イベントだからちょっとくらいはめをはずして、常識を忘れてしまって良いのでしょうか。参加する方も開催する側も十分安全や環境に配慮して、自覚を持つことによって初めてイベントを楽しむことができますね。

スポンサーリンク