スポンサーリンク




ボジョレーヌーボーの味って?2015年解禁前に知っておこう!

スポンサーリンク




ボジョレーヌーボーの解禁日が1119日の木曜日ということで、あと僅かまでせまってきましたね。今年の味も気になるところですが、毎年お祭り騒ぎとなっているボジョレーヌーボーとは、一体どのような味なのでしょうか?2015年の解禁前にチェックしておきましょう。

 

味の特徴

ボジョレーヌーボーは新酒です。ボジョレーヌーボーは、毎年「お酒が飲めるくらいに作れるようになったぞ」という合図のような、祝杯を上げるために飲むのもとされています。

ですので、お酒というよりはぶどう酒になりたてのぶどう酒のような味となっていて、その新鮮さから酸っぱいという評価をされているようです。基本的には赤ワインなのですが、飲みやすい赤ワインという感じでしょうか。

 

ボジョレーヌーボーの種類

ボジョレーヌーボーといえば、店によって値段に大きな差がありますよね?これはどういうことかと言うと、生産者、生産地、土の状態や木の状態など、様々な要因から出来たお酒に値段を細かく付けられているためになっているそうです。

そのように産地などが絡んでボジョレーの種類や値段が決まるわけなのですが、高ければ高いほど品質の良いもの、というわけではなく、値段は商品の品質と仲介業者によって大きく変わるため、高いから良いというわけではないので注意しておきましょう。

 

ボジョレーヌーボーの楽しみ方

新酒で祝うためのものということが分かっても、せっかくのイベント事は楽しみたいところ。もちろん、食べるものを合わせれば十分にボジョレーを堪能することだって可能です。

まず、温度を少し冷えた状態にしましょう。12度程度が良いとされているため、冷蔵庫で1時間ほど冷やせばよいかと思います。

次に料理ですが、赤ワインなのでお肉は必須ですね。ボジョレーがサッパリした風味なので、少しクドいくらいの味でも大丈夫ですよ。また、ボジョレーはチーズとの相性が非常に良いため、パンとチーズを用意しておくと良いでしょう。

 

記憶に残る素晴らしい出来栄え

毎年「10年に1度の〜」といったキャッチコピーが付けられるボジョレーヌーボーですが、今年はまだ決まっていないようです。ですが、フランスの農家の方がいうには記憶に残る素晴らしい出来栄えとのこと。

天候に左右されるワインだけあって、今年は良い天気で過ごせたということでしょうか。今年も楽しみですね!

 

おわりに

純粋に味を楽しむのではなく、お祭り感覚でお酒を飲むのがボジョレーヌーボーのたしなみです。楽しくお酒を飲んでチーズを食べて、今年もお酒が完成したことを祝いましょう。

スポンサーリンク