スポンサーリンク




京都で紅葉を楽しむなら寺と一緒に!紅葉オススメスポット!

スポンサーリンク




日本の古きよき姿が見られる京都ですが、紅葉の時期は更に魅力的な姿に彩られます。

寺や庭園と紅葉の組み合わせは、どこか幻想的で素敵です。例年としては11月の中頃から12月の初旬まで見ることが出来ますので、少し遅目まで紅葉を楽しめるので、見られる期間が長いため、チャンスがあるなら訪れてみてはいかがでしょうか?

今回は、京都で紅葉を見に行くときのオススメスポットを紹介していきます!

 

白龍園

春と秋の期間限定で、一日百人までしか入場出来ない庭園です。もともとは入ることすらダメだったのですが、2012年から限定公開を始めたようです。

人の歩く場所にまでコケが生えているのですが、そこまで計算されて手入れされているようです。コケを痛めないために、入場制限が課せられているようですね。自然がそのまま残されているように手入れされているため、他とは違う美しさを楽しむことができるでしょう。

 

清水寺

京都の紅葉スポットとして最も有名なのが清水寺です。特に夜の紅葉がキレイで、ライトアップされた紅葉を清水寺の中から見るのは圧巻です。

朝から昼に見に行くもの良いですが、やはりせっかく来たのなら、夜に見るために残しておくと良いでしょう。

 

高桐院

9:00~16:00までと早い時間のみしか開いていない紅葉スポットです。石畳の参道に舞い散る赤の花が美しい情景となっています。

人気が非常に高い場所なため、撮影OKな場所ではものすごくシャッター音が響きます。ゆっくり訪れるには、朝早くに行くことをおすすめします。

また、高桐院のメインの本堂南庭の「楓の庭」のコケと枯れ葉のコントラストには息を呑むことでしょう。

 

平等院

10円玉のモデルでもある世界遺産の平等院鳳凰堂は、紅葉のスポットとしても人気の場所です。

京都の有名な寺は、池に反射して映る建物を見るのがオツなものですが、こちらでは更に紅葉も一緒に楽しめます。

ちなみに、こちらもライトアップされるため、夜に近場で食事を堪能してから見に行くと良いかもしれませんね!

 

おわりに

昔ながらの日本の景色を残してあるため、京都は本当に紅葉の名所ばかりです。秋の夜長に訪れて散策してみるのも素敵な過ごし方ですね。

スポンサーリンク