スポンサーリンク




インフルエンザにならないために!対策と風邪との違いを知っておこう

スポンサーリンク




体の弱りやすい時期に、菌が繁殖して風邪になったりインフルエンザになったりします。菌を繁殖させないためにも、きちんと毎日のケアが必要になってくるこの時期。インフルエンザの予防対策は大丈夫でしょうか?

今回は、インフルエンザの基本的な知識と、予防対策などについて紹介していきます。

 

インフルエンザと風邪の症状の違い

インフルエンザと風邪の症状の違いをまず紹介していきます。

インフルエンザは熱が発症し、関節が痛くなります。発症する期間は比較的短期間で急激に発症し、流行る時期があります。

風邪は熱があまり変わらず、咳やのどの痛みが主な症状となります。じわじわと発症してくるため、中々風邪を引いているとは気が付きにくいです。また、年中菌があるため、流行る時期といったものはありません。

インフルエンザと自分で判断する場合は、熱と関節の痛みについてよく観察してみると良いでしょう。

 

インフルエンザ予防対策

インフルエンザの予防対策ですが、ほとんど風邪と同じです。手洗い・うがいを毎日し、野菜を摂って睡眠時間を眺めに確保するようにすると良いでしょう。外出時のマスクも忘れないように着用しましょう。

また、人前で咳をするのはマナーとして良くないため、マスクをするかハンカチを使って感染源となる飛沫が飛ばないように対策しておくと良いでしょう。

 

再発防止のために

インフルエンザは治ったと思っても、菌の潜伏期間があるため、体調が改善したとしても3〜5日は安静に過ごすようにしましょう。

そうすることで、職場内や友人間でウイルスの流行を拡大させることなく元の生活に戻ることが出来ます。

 

まとめ

インフルエンザにかかると、自分が大変な思いをするだけでなく、下手をしたら周りの人達にまで迷惑をかけてしまうことになりかねません。

インフルエンザにならないようにするためにも、きちんと手洗い・うがいを実践して健康な毎日を送るようにしておきましょう。

スポンサーリンク