スポンサーリンク




ボジョレーヌーボーの解禁日っていつ?2015年の出来は?

スポンサーリンク




毎年11月にボジョレー解禁!などと言いますが、実際ボジョレーヌーボーとはどんな意味なのでしょうか?また、いつ頃が解禁日とされているのでしょうか?

今回を機に、ボジョレーヌーボーについて色々と知っておくと、今後毎年話題に挙げられるので、覚えておくと良いかもしれませんね。

 

ボジョレーヌーボーの意味

ボジョレーヌーボーは、ボジョレー地区の新酒という意味です。フランス中部やや下に位置するボジョレーで生産されている、ガメイ種を使用した赤ワインです。

フランスワインの中でも熟成期間が短いため、新鮮さが魅力のぶどう酒です。

 

解禁日

2015年のボジョレーヌーボー解禁日は1119日となっています。

実はボジョレーヌーボー解禁の日にちというのは法則性がありまして、毎年11月の第三木曜日が解禁日とされています。

実は元々は1111日が解禁分とされていたのですが、その時期はフランスでは祝日が多く設定されているため、徐々にずれ込んで現在の11月の第三木曜日となりました。

なぜ曜日まで決められているかというと、フランスでは土日はワインショップやレストランが休みになるため、ちゃんと売れる木曜日になったそうです。

 

美味しい飲み方

ボジョレーヌーボーの美味しい飲み方ですが、こちらは少しだけ冷やしてから飲むようにしましょう。普通のワインは冷やすと渋くなりがちですが、ボジョレーヌーボーはそうはなりません。これは成分に含まれているタンニンが理由とされています。ボジョレーヌーボーはタンニンが少ないため、渋くはならないということです。

赤ワインの割に渋さがなくて飲みやすいため、料理も肉料理の中でも生ハムやチーズなど、軽いものが合うでしょう。

 

まとめ

ボジョレーヌーボーを少し語れるだけで、少し大人っぽくも見られますので、これを機会にその他のワインについても調べてみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク