スポンサーリンク




海外のハロウィンの過ごし方

スポンサーリンク




日本ではハロウィンは季節になると関連した商品が販売されています。

最近では友達同士で仮装等をして楽しむ人たちもいるようです。

日本で広く知られているこの行事は海外でどのように行われているか気になる方もいると思います。そこで今回は海外ではハロウィンはどのように過ごされているかを紹介して行きます。

スポンサーリンク


アメリカのハロウィンの過ごし方

アメリカでは大規模にハロウィンが祝われています。その規模故に経済効果も大きなものとされています。

仮装に力を入れる人も多く、子供の衣装の為に保護者が奔走をすると言う事も珍しくないようです。勿論、子供だけではなく、大人も仮装をしてパーティー等を楽しみます。

当日の夜になるとゾンビや魔女等の仮装をした子供が「trick or treat!」と言って、周囲の家にお菓子を貰いに行く事は日本でも有名です。中には大量にお菓子をもらって来てしまい、食べ過ぎてしまうと言う子供もいるようです。

スポンサーリンク


アイルランドのハロウィンの過ごし方

アイルランドはハロウィン発祥の地とされており、10月の最後の日は祝日になっており、この日に続いている週は全ての学校が休校とされています。この時には魔除けとして篝火等が焚かれます。

スポンサーリンク

アイルランドではハロウィンの時にバーンブレッグと言うケーキを食べられています。こちらはドライフルーツが中に入ったお菓子となっており、この中に色々な物を入れて、切り分けたケーキから何が出て来るかと言う事によって占いが出来ると言う特徴があります。例えば、コインが入っていれば裕福になると言う事を、指輪が入っていれば早い内の結婚等の意味を表しているそうです。


アジア諸国のハロウィンの過ごし方

アジアの国々では若い世代ではハロウィンを楽しまれている場合もありますが、高い年齢層の方々には余り支持をされていなかったりするようです。

スポンサーリンク

盛り上がりを見せる場所の一例としては、イギリスの文化の影響を受けている香港があります。ハロウィンの季節になると町では仮装をした人々が歩いている所を見る事が出来るでしょう。この時期に香港に旅行に行く予定のある方は、イベントが開催されている事があるので、事前に調べて参加してみるのもいい思い出となると思います。

世界では様々な形でハロウィンが祝われています。上記で紹介した以外の国でもハロウィンは行われています。留学等で海外のハロウィンを過ごす機会に恵まれたのであれば、現地の人と一緒に楽しんでみる事をお勧めします。

スポンサーリンク