スポンサーリンク




ハロウィンの歴史や仮装についての解説

スポンサーリンク




今ではハロウィンは日本でもすっかり有名な行事となっています。

しかし、そこにどんな歴史があるのかは意外に知られていない様です。

そこで今回はハロウィンをもっと楽しんで頂く為に、その歴史等についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


ハロウィンの歴史

古代ケルト人のドルイト教においては、11月1日から新しい年が始まると考えられていましたようです。

その前日である10月31日は1年の最後の日となっており、その日の夜は幽霊が家族の元に現れたり、

精霊等も出現するとされていました。

スポンサーリンク

よって、魔除けの篝火が焚かれたり、自分が誰だか分からない様に被ったり等をされたサウィン祭が

ハロウィンの起源とされています。

この後、ケルト人の間にキリスト教が広まる事によって、このお祭りも変質して行き、

スポンサーリンク

徐々に現在で皆が知っているハロウィンと言う形になったのです。


ジャック・オー・ランタンって何?

ハロウィンで飾られるジャック・オー・ランタンを知っている人は多いと思います。

顔が掘られているかぼちゃのランタンはハロウィンの定番と言ってもいいです。

この由来は様々な説がありますが、広く知られている物としては、ジャックと言う男の話があります。

ジャックは生きている時に悪魔と死後に地獄に落ちないと言う契約をしました。

スポンサーリンク

この後に死んでしまった男は、生きている間に悪行を重ねていたので天国には行けないです。

しかし、悪魔との契約があるので地獄にも行く事が出来ないのです。

こうしてジャックはかぶの提灯を持ちで彷徨う事になったと言うお話です。

この話がアメリカに伝わり、魔除け等の意味で飾られるようになったのがジャック・オー・ランタンとされています。

ちなみに何故かぶではなくて、かぼちゃでランタンが作られるようになったのかと言うと、

アメリカではそちらの方が沢山収穫することが出来た事等が原因として挙げられます。


何故仮装をするのか?

海外ではハロウィンの日にクオリティの高い仮装をする人達が散見されます。

日本でも友達同士で仮装をして楽しまれている場合があります。

しかし、何故ハロウィンの日に仮装をするかは知らない人もいると思います。

これは前述したように10月31日は亡くなった人の霊や精霊等がやって来るとされていたので、

悪霊等を追い払えるように魔除けの為の仮装をしたのが原因と言われています。

ハロウィンに行われている事の意味や歴史を知る事によって、また別の楽しみ方をする事が出来るのではないかと思います。

一年に一回しかない行事なので、家族や友人と祝って楽しむ事をお勧めします。

スポンサーリンク