スポンサーリンク




秋といえば紅葉! 植物の紅葉ってどういう意味があるの?

スポンサーリンク




早いもので、もう夏も終わり。涼しくなって過ごしやすい季節になってきました。

本格的な秋の到来ですね。秋といえば、読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋などいろいろな事をするのに最適な季節と言われています。

そんな中で、やはり秋の行楽といえば「紅葉」を見に行く事ではないでしょうか?

様々な植物が綺麗に色づいた景色を見るのって本当に癒されます。

日本のように四季がはっきりとわかれている地域では、秋になると植物が色づく事は当たり前と認識されていますが、この「紅葉」とはどんな意味をもっているのでしょうか?

今日は「紅葉」の意味について見ていきたいと思います。

紅葉とはどんなもの?

前述した通り、日本では秋になると植物が赤や黄色の鮮やかな色に姿を変えます。

これを俗に「紅葉」と呼んでいますが、実際にはどんなものなのでしょうか?

紅葉とは、秋になって植物が紅色に色づく事、またその葉の事を指す言葉です。

また、紅葉(こうよう)と黄葉(こうよう)2種類の言い方、書き方がありますが読んで字の如く、葉が赤くなる事を紅葉、黄色に色づくことを黄葉と言います。ただ現在では、赤、黄色に色づく事の総称を「紅葉」と呼ぶ事が一般的です。

次に紅葉の仕組みについてですが、葉に元々含まれている色素である「クロロフィル」という緑色の色素と「カロチノイド」という黄色の色素が気温の変化によって分解され、色を変える事が原因で発生します。通常は「クロロフィル」がより早く分解される為、葉に残っているカロチノイドが目立って黄色に見えるというわけですね。

さらに気温が下がってくると「アントシアニン」という物質が生成され、葉を赤くします。

なんだか理科の実験のような難しい言葉が出てきましたが、これらが葉を色づかせている仕組みとなります。

またきれいに紅葉する為には、天候も重要なポイントです。

日中は暖かく、夜は寒い。この温度差が激しいほど見事な紅葉を見ることができます。

紅葉する代表的な植物といえば、モミジやカエデ、ナナカマドんどがあり、黄葉する植物はイチョウ、ヤナギ、ポプラなどがあります。

紅葉を見に行く際は、紅葉と黄葉の違いを見分けることもおもしろいかもしれませんね。

スポンサーリンク

関東、紅葉のおすすめスポットを紹介!

さて、ここからはおすすめの紅葉スポットをみていきましょう。

まず、すばらしい「黄葉」が見えるポイントから紹介していきます。

スポンサーリンク

明治神宮外苑

146本に及ぶイチョウが黄色(金色)に色づく姿は圧巻です!

日比谷公園

ビジネス街にありながら、たくさんの植物の黄葉を見ることができます。

靖国神社

大鳥居から続くイチョウ並木の表道は一見の価値ありです!

スポンサーリンク

続いて、「紅葉」で定評のある場所を紹介します。

日光(栃木県)

言わずと知れた紅葉の名所です。「いろは坂」や「竜頭ノ滝」などが有名です。

代々木公園

都心に広大な敷地で広がる代々木公園は紅葉の名所としても知られています。

スポンサーリンク

箱根ターンパイク

駅伝で有名な箱根の紅葉ドライブはとっても気持ちいいです。

厳選して紹介してきましたが、紅葉(黄葉)は関東のみならず全国で楽しむ事ができます。紹介した通り、気温の変化によって色づく時期も様々です。

今年は、色々な紅葉を見にでかけてみませんか?

スポンサーリンク