スポンサーリンク




忘年会で禁煙にすべき?喫煙にすべき?

スポンサーリンク




最近では禁煙・分煙といった、たばこに関するマナーがいろいろなところで見られます。忘年会の席でどうすべきか、幹事さんは悩んでしまうでしょう。

喫煙者にとってのたばことは

たばこは体に害がある、煙による受動喫煙は周りに迷惑だ、赤ちゃんや子供に悪い影響があるとたばこのイメージはあまりよくありません。禁煙者にとっては、なぜたばこを吸うのか理解できないでしょう。しかし喫煙者にとって、たばこはリラックスできたり、自分の時間であったり、社会人のコミュニケーションとしても使われています。とくにお酒の席では喫煙者にとってたばこの存在はとても大きなものになるのだと思います。

たばこの問題

たばこが好きな人にとっては、忘年会でお酒とたばこを楽しみたいものですが、たばこが苦手な人にとっては、喫煙者の方と席は離れてもニオイや煙は防げないので禁煙としたいものと考えていますよね。健康に気を使っている方や、女性の参加者がいる場合は妊婦さんもいるかもしれません。

忘年会でたばこは一切禁止ですとしても、たばこがキライなので忘年会を欠席しますとしても、なんだか残念な気持ちになってしまいます。分煙として席を離しても、交流する人が限られてしまいます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

喫煙者のため、禁煙者のため

喫煙所が準備されているお店を選び、食事中は禁煙席でお店の候補をあげておきます。予約をする前に喫煙者の方に幹事さんから、タバコが苦手な方がいるので、禁煙席とさせて頂いて、たばこは喫煙所でお願いしてもよろしいでしょうかと一言声をかけて理解を得ておくと、お互いに気持ちよく当日を迎えられるのではないでしょうか。

まとめ

喫煙者も禁煙者も自分の考えを強く主張してしまうと、悪い雰囲気になってしまうかもしれません。喫煙者の方が少し気を使っていただければ、たばこの問題で悩むことなく楽しい忘年会ができると思いますが、その際は必ず、禁煙者もお気遣いありがとうございますという気持ちが大切なのではないでしょうか。

もちろん参加者の皆さんが喫煙者だったり、たばこのにおいは気にならない方でしたら、禁煙席でなく、お酒とたばこを楽しんでくださいね。一度、参加者にたばこについての意見を確認してみるのもいいかもしれません。

喫煙者も禁煙者もお互いを尊重して、しっかり交流でき、一緒にお酒を楽しめる忘年会で一年を締めくくれるといいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク