スポンサーリンク




七五三の由来とは?

スポンサーリンク




起源は平安時代まで遡ります。

想像にたやすいと思いますが、当時は今とは違い、食事内容、医療技術など全てが未熟な時代です。そういった背景があるので、子供の死亡率が高く、七歳までは「神の子供」とされていました。

つまり人間として「一人前」とは考えられておらず、現世に命が定着していない存在として扱われていたわけです。

そのため、幼少期に通過儀礼としての文化が始まったのが七五三です。

 

七五三の意味

七・五・三なのは、昔から奇数が縁起のいいものとされたためです。そして七五三の節目ごとには以下のような意味が含まれています。

 
  • 「髪置(かみおき)」   男女とも3歳で髪を伸ばし始める。
  • 「袴着(はかまぎ)」   男児が5歳で袴を着け始める。
  • 「帯解(おびとき)」  女児が7歳で帯を締める着物にかえる。
 

このように年齢ごとに、儀式が定まってきたのは江戸時代からです。

現在の「男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳」という形式はここで定まりました。

最初は武家だけで執り行われていたこの儀礼は、時代が下るとともにしだいに一般庶民の間にも 広まりました。「七五三」という言葉が使われだしたのは明治になってからの事で、今日までこの文化は根付いています。

 

七五三の時期と由来

なお、七五三は11月15日に行われることが多いです。もちろんこれにも由来があります。

旧暦の15日は、かつて二十八宿の鬼宿日という、「鬼が出歩かない日」に当たり、何事をするにも吉であるとされました。

また、徳川家光が、幼いころの徳川綱吉が病弱であることを心配し、これの無事成長を祈るた めに、袴着の儀式を執り行ったのが11月15日でありました。これも鬼宿日にあやかって執り行われたそうです。そういったわけで11月15日が一般に七五三の日になっているわけです。

現代は9月くらいに写真をとってから、11月に式を執り行うパターンが多いようです。しかし、現代人は多忙な日々を送っており、やはり11月15日はどこの神社も混みあうということもあるため、あえてその日を避けている人も少なくありません。

ここはそれぞれの事情はあるかと思いますが、上にあるようなきちんとした由来もあることですし、できれば11月15日に七五三の式を執り行いたいところですね。

スポンサーリンク