スポンサーリンク




西宮えびす・開門神事福男選び!2016年の開催日や見どころ、交通状況は?

スポンサーリンク




戎(えびす=恵比寿・恵比須)様は福の神、商売繁盛の神様です。

2016年の福運を求めて、男達が走る!走る!

さて、今年の福は、だれが掴むでしょうか?

スポンサーリンク

十日戎は、いつ、どこで行われるの?

十日戎は、兵庫県西宮神社で開催されます。

西宮神社は、全国にある恵比寿(戎)神社の総本社です。

商売繁盛の守護神で、昔から商人達に信仰されてきました。

スポンサーリンク

十日戎は「えべっさん」と呼ばれ、親しまれています。

[開催日]

毎年1月10日の前後3日間に開催されます。

1月9日 宵戎   8:00~24:00

スポンサーリンク

14:00から献湯式 宵宮祭が開催されます。

1月10日 本戎     6:00~24:00

0:00から居籠りに入ります。

神社のすべての門を閉めて、大祭に備えるため、心身を浄めます。

0:00から「開門神事福男選び」のスタート位置を決める抽選が始まります。

6:00の開門と同時に「福男選び」が始まります。

1月11日 残り福    8:00~24:00

 

[アクセス]

 2016年は、1月11日が成人式で祝日です。三連休になるので、例年以上の人出が予想されます。

自動車でも行けますが、神社周辺は交通規制されますので、鉄道など公共交通機関を利用する方が、便利です。

1, JR新幹線新大阪からJR大阪駅に出ます。

JR山陽本線(神戸線)に乗り西宮駅またはさくら夙川駅で下車します。

JR西宮駅から南西へ徒歩15分。JRさくら夙川駅から南東へ徒歩10分。

JR大阪駅から阪神梅田駅に出ます。

阪神電車(本線)に乗り、西宮駅で下車。南口から南西へ徒歩5分です。

2, JR新幹線新神戸駅から市営地下鉄に乗り、三宮駅で下車します。

阪神三宮駅から阪神電車に乗り、西宮駅で下車します。南口から徒歩5分。

阪急三宮駅から阪急神戸線に乗り、夙川駅で下車。南東へ徒歩15分です。

3, JR西宮駅・阪急西宮北口から、阪神西宮行のバスが出ています。

バスは、阪急バス・阪神バス、どちらも阪神西宮に行きます。

バスを下車すると、西宮神社は歩いてすぐです。

[混雑予想と交通規制]

毎年100万人を超える人が、商売繁盛の御祈願に参拝します。

10日の本戎と11日の残り福は、かなり混雑しますが、8:00~10:00の頃は、比較的空いているようです。

西宮神社周辺は、9日~11日の3日間、9:00~23:00まで交通規制されます。

道路は、歩行者専用になります。

 

十日戎の始まりと見どころ

[十日戎の始まり]

 戎様は、恵比寿三郎とも呼ばれます。元々は、「蛭子(ひるこ)」と呼ばれ、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊邪那美尊(いざなみのみこと)が日本の国を創生した時(国生み)に、生んだ神様の1人です。「骨も皮もない」身体で、葦の舟に載せられて、海に流されました。

この蛭子が西宮に流れ着いて、「恵比寿三郎」になったと言われます。

 

 えびす様は、釣り竿を担ぎ、大きな鯛を抱えた姿で描かれます。

海神・漁業神で大漁・豊漁をもたらす神として漁師達に信仰されました。

平安時代末頃から商売繁盛の神様となり、室町時代・安土桃山時代と、商業が盛んになるにつれて、信者も増えました。

 豊臣秀吉の時代から江戸時代にかけて、大阪(大坂)が「天下の台所」として商業の中心地になると、えびす信仰も盛んになりました。

「十日戎」は、江戸時代初期に始まったようです。

 関東を中心に東日本では、「えびす講」と称して10月20日頃、商売繁盛・五穀豊穣を祝います。

関西を中心に西日本では、「初えびす」と称して、正月10日・15日に商売繁盛と開運招福を祈ります。

 明治になり、十日戎はますます盛んになり、今日まで続いています。

[開門神事福男選び]

 十日戎、一番の見どころです。

昭和15年頃から始められたようです。

スポンサーリンク

 10日午前零時から「居籠り」によって心身を浄め、午前4時から大祭を行います。

昔は、この大祭が終わり、禁忌が解けたところで、神社の表大門を開くと、待ち構えていた氏子達が走り参りをしました。

これが「一番先に到着した男が、福男」とされ、「開門神事福男選び」となりました。

 午前6時、表大門前に並ぶ約5,000人の男が一斉に走り出します。

拝殿まで230mを全速力で走りぬきます。

途中にカーブが2か所あるので、曲がり切れずに転倒する人も少なくありません。最初のカーブは門から70mくらいにあります。それを過ぎると、石畳の道が続きます。本殿前に急カーブがあり、ここが最大の難関です。

 本殿に到着した1番から3番までが、福男となります。

 福男になるには、スタート位置が大事です。

宵戎の1月9日の18:00~19:00から、「抽選」を待つ人が集まり始めます。

「抽選」は午前零時に行われますが、くじ引きできるのは先着1500名だけです。

21:00頃までに並べば、くじ引きできるでしょう。

抽選で108名が選ばれます。

番号順に好きなスタート位置につくことができます。

最前列中央が、最も有利なスタート位置です。

[献湯式]

9日の宵戎で行われる儀式です。午後2時から始まります。

 日本最古の温泉である有馬温泉から「金泉(きんせん)」が献上されます。

有馬温泉の芸妓さんが湯女(ゆな)に扮し、角樽に入れて運んできた金泉を桶に移し、「湯もみ太鼓」のおはやしに合わせて、湯もみをして見せます。

湯もみとは、熱い湯を適温に冷ますことです。

 平成7年から有馬温泉観光協会が行っている奉納行事で、有馬温泉の旅館業者が商売繁盛を祈念します。

[招福まぐろ]

 1月8日9:30に、大漁と商売繁盛を祈って、大まぐろと大鯛が奉納されます。

まぐろは全長約3m、重さ約300kgという大きさですから、本殿に奉納できず、拝殿におかれます。

 大まぐろは「招福まぐろ」として、十日戎の3日間、拝殿に飾られます。

大まぐろにお賽銭を張り付けて、商売繁盛・豊漁を祈ります。賽銭だらけの大まぐろは、西宮十日戎の名物です。

[福笹]

 十日戎に出かけたら、必ず「福笹」を買って帰ってくださいね。

笹に大判・小判など吉祥を結び付けてあります。福笹を買って帰ると、家に福を持ち帰ることができます。

 

西宮神社周辺の見どころ

1, 阪神甲子園球場

 西宮に来たら、必見なのがこの甲子園球場です。

高校球児の熱い戦いには、阪神ファンでなくても、胸を躍らせます。

アクセスは、阪神電車甲子園駅から徒歩6分です。

2, キッザニア甲子園

 職業・社会体験型施設です。

キッザニア東京に次ぐ施設として注目されています。子供達は、消防士やパイロットなど、90種類の職業と習い事を体験できます。体験を通して、社会との関わりを身に着けます。

営業時間は 9:00~15:00  16:00~21:00 の2部制です。

アクセスは、阪神線甲子園駅から歩いてすぐです。

3, 武田尾温泉

武庫川上流の静かな渓谷の温泉です。

冬の牡丹鍋(ぼたんなべ)が自慢の味です。

アクセスは、JR大阪駅から宝塚線に乗り40分、武田尾駅で下車。徒歩数分。

4,有馬温泉

 日本最古の温泉で、清少納言の「枕草子」にも「三名湯」の1つとして書かれています。

金泉と銀泉があります。金泉は殺菌力があり、皮膚疾患や手術後のリハビリ、腰痛・関節痛に効きます。銀泉は、血行をよくするので高血圧などに効きます。

日帰り温泉もできます。

アクセスは、JR・阪急・地下鉄三宮駅から、市営地下鉄に乗り、谷上駅で神戸電鉄に乗り換えます。

神戸電鉄有馬口駅で、神戸電鉄有馬線に乗り換え、有馬温泉駅で下車します。

三宮から30分です。

スポンサーリンク