スポンサーリンク




唐津くんち2015開催!おすすめのスポットやアクセス方法は?

スポンサーリンク




ちょっと聞きなれない「唐津くんち」というお祭り。実は、50万人もの人出がある佐賀県の唐津神社での行事です。最近は、海外からの見物人も増えています。

11月に行われるこのお祭りのために一年をかけて準備がおこなわれています。県民にとってとても重要な唐津くんちとはどのようなものなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

2015年の開催日

唐津くんちは、毎年同じ日程で、11月2、3、4日の3日間行われます。今年は、月・火・水曜日にあたります。

 

アクセス方法

JR唐津駅からは、徒歩で11分ほどの場所です。

スポンサーリンク

福岡・博多方面から電車で、約1時間30分の距離です。

大阪方面からは、新幹線と電車で5時間かかります。

また、東京からですと、飛行機で羽田空港から福岡空港まで1時間45分、そして、電車に乗り換えさらに1時間25分です。

スポンサーリンク

始まりは、16世紀の終わりと言われています。“くんち”とは、“供日”と書き、収穫に対する感謝をあらわす日でもあります。漆で塗られた巨大な曳山(ひきやま)と呼ばれる山車を、曳子(ひきこ)と呼ばれる人々が掛け声とともに唐津市内を練り歩きます。

山車の高さは7mほど、重さは2~5tぐらいあり、2、3年もかけて作られます。工芸品の曳山の姿は実に見ごたえがあり、鯛、赤獅子、青獅子、武田信玄の兜、上杉謙信の兜などがあります。金箔や銀箔もほどこされ、現在ある14台の曳山は、豪華絢爛そのものです。昭和33年、曳山すべてが、佐賀県の重要有形民俗文化財に指定されています。

 

見どころ

3日間にわたって行われる祭りの見どころは、2日の「宵山」(よいやま)、3日の「お旅所神幸」(おたびしょしんこう)、4日の「町廻り」(まちまわり)です。

スポンサーリンク

初日「宵山」は、展示場から14台の曳山が出されて、きれいに磨かれます。そして19:30から灯りをまとった曳山が唐津神社へと向かいます。夜にまばゆい光を放って、とても幻想的な光景です。

2日目「お旅所神幸」は、まず、9:30に唐津神社をスタートし、西の浜まで市内を巡行します。西の浜にて制作年代順に1番から14番までの曳山が“曳き込み”をします。ここは祭りのクライマックスで、2t以上もある曳山をお旅所で所定の位置まで曳き込む姿は勇ましくもあり、圧巻です。その後神事が行われ、“曳き出し”をしてそれぞれの町に戻ります。最も盛り上がる日なので、見逃したくありません。

3日目「町廻り」は、曳山が再び唐津神社に集合します。そして、10:00の花火とともに巡行が始まります。「エンヤ、エンヤ」「オイサ、オイサ」の掛け声で市内を引き廻します。12:30~14:30には、駅前の米屋通りは歩行者天国となり、14台の曳山を近くで見ることができる絶好のポイントです。写真撮影やビデオに収めるチャンスです。そして最後に曳山展示場にすべて納められ、祭りは終了します。

 

周辺の見どころ

唐津の町は、昔懐かしい街並みがたくさんあります。せっかく訪れた町、地元の人にちょっと聞きながら、ふらっと路地を当てもなく歩いてみるのも旅の魅力です。また、祭りの最中はお休みしているお店もあるので、唐津駅の隣にある “ふるさと会館アルピノ”で唐津の特産品を味わってみてはいかがでしょうか。唐津焼を見ることもできます。

唐津城に行ってみるのも良いでしょう。とても景色が良く、天守閣に上ってみれば、海が一望できます。夜はライトアップされて美しさが際立ちます。また、虹の松原も名所になっていて、道路の両側に連立する松林は思ったより長い距離におどろかされます。

「長崎くんち」「博多おくんち」に並んで三大くんちのひとつ「唐津くんち」。一度は訪れてみたいものです。20年から30年に一度塗り替えられる日本の伝統工芸、曳山を是非とも間近で堪能し、砂地に豪快に曳き込む姿に感動すること間違いなしです。

 

スポンサーリンク