スポンサーリンク




秩父夜祭!2015年の開催日や見どころ、交通状況は?

スポンサーリンク




 凍る夜空に打ち上がる花火、秩父神社の冬祭です。

秩父夜祭は、京の祇園祭、飛騨の高山祭と並ぶ「日本三大曳山祭」の1つです。

 

開催日とアクセス、有料観覧席

 年末を控えた秩父地方の冬の祭、「秩父夜祭」は、毎年12月1日~6日に開催されます。最大の見ものは、2日の宵宮(よいみや)と、3日の大祭です。

スポンサーリンク

[開催日と祭のスケジュール]

2015年は、宵山が12月2日水曜日、本祭が12月3日木曜日です。

12月2日 宵山

スポンサーリンク

 中町・本町・上町・宮地の屋台が引き出され、街を廻ります。

「山車のすれちがい」は、宵宮ならではの見ものです。

12:00~16:30 と 18:00~20:00 の2回、引き廻されます。

スポンサーリンク

19:00~20:00 には、羊山公園でスターマインなど花火が打ち上げられます。

 3日の本祭に比べて、混雑が少ないので、山車を近くで見ることができます。

12月3日 本祭  秩父夜祭のクライマックス

 中町・本町・上町・宮地・中近・下郷から、屋台4基、笠鉾2基が出ます。

朝から花火の音がとどろき、勇壮な「秩父屋台囃子(はやし)」が山々にこだまします。秩父市民が、続々と秩父神社に集まります。

 朝から6基の山車が引き廻されて、秩父神社に勢ぞろいします。

11:00  下郷の笠鉾が秩父駅前の団子坂を登って、秩父神社へ行きます。

12:00過ぎ頃、中町・本町・上町の当番町の屋台の張り出し舞台で、屋台歌舞伎が演じられます。

19:00~22:00  夜祭のピークです。

 6基の山車と神幸行列が秩父神社を出発し、御旅所「亀の子石」へ巡行します。

20:30~22:00

 羊山公園で花火が打ち上げられます。大スターマインが何発も上がります。

22:00 

 御旅所亀の子石の前に6基の山車が扇形に並びます。

「御斎場祭」が行われます。一般人が御旅所に入ることも許されます。

23:00~2:00

 御旅所から山車が「曳下ろし」されて、各山車収納庫に戻ります。

 

[アクセス]

JR東京駅からJR山手線で池袋駅まで25分です。

JR東京駅から東京メトロ丸の内線で、池袋駅まで15分です。

池袋駅から西武線特急レッドアロー号で、西武秩父駅まで80分です。

西武秩父駅から秩父神社まで、徒歩15分です。

JR上野駅からJR高崎線で熊谷駅に行き、秩父鉄道に乗り換えます。

秩父鉄道お花畑駅で下車します。秩父神社までは徒歩3分です。

ただし、山車巡行のため、3日20:00からお花畑駅の運行はなくなります。

自動車ならば、関越自動車道を花園ICで降り、国道140号線を秩父・三峰方面に走ります。

2日の宵宮と3日の本祭は、交通規制が行われます。

特に3日の午後から渋滞が予想されます。

駐車場の確保も難しくなりますので、早めに到着する方がいいですよ。

 

[見物場所]

毎年20万人前後の見物客が集まるので、18:00頃には、街は人で溢れます。

団子坂で最高の見もの「山車の曳上げ」が行われますが、初めて訪れる観光客は、人混みで近づくこともできません。

秩父神社の境内は、混雑して身動きもできないほどです。

 無料の見物場所は、「ベスト電器秩父店」の前と国道140号です。

国道140号は19:00~23:00まで車両通行止めになります。

 有料席もあります。

団子坂上6,000円、秩父公園5,000円、市民会館西5,000円です。

予約申込みは、秩父観光協会TEL.0494-21-2277へ、問い合わせてください。

 

祭の由来と見どころ

[祭の由来]

 秩父夜祭は、江戸時代から350間も続いています。

「妙見さん」とも呼ばれます。

 秩父神社の女神妙見菩薩が、武甲山の男神龍神(蔵王権現)に恋をしました。

しかし、龍神には諏訪神社の祭神である本妻がいました。本妻が嫉妬して怒るので、妙見様と龍神様は、1年に1度だけ亀石で逢うことになりました。

スポンサーリンク

「冬の七夕伝説」とも言える恋です。

秩父夜祭は、1年1度のデートを祝う祭なので、山車が出発するのは宵、御旅所の亀石に着くのが夜中、戻るのが真夜中過ぎになるわけです。

妙見菩薩は北極星と北斗七星を神格化したものです。

武甲山・亀石・秩父神社は一直線に並び、神社の本殿は真北を向いています。

 御神幸の途中の番場町に諏訪神社があります。

本妻である女神を怒らせないように、12月2日にお参りして逢引の許可を求めます。3日の御神幸の時は、諏訪神社に近づくと、屋台囃子をやめて、笠鉾に乗っていた人々も全員降りて歩きます。

 江戸時代、秩父は絹の産地でした。

1年の総決算として「絹大市」が行われました。そのため、秩父夜祭は「お蚕祭」とも呼ばれていました。

 江戸時代は「霜月大祭」として11月に開催されましたが、新暦になってから、12月3日に移りました。

 

[見どころ]

 何と言っても、大勢の人々が大きくて思い山車をひきまわす「曳廻し」が見どころです。秩父神社から御旅所までの御神幸は、他の祭にはない熱気と力が感じられます。

1, 山車の曳上げ

 重さ20t近い屋台や笠鉾6基が、団子坂を引き上げられる様子は、圧倒的な迫力があります。

方向転換をする「きりまわし」は2本のてこ棒で行われます。

「わっしょい、わっしょい」のかけ声、小太鼓だけになるお囃子、照らし出すぼんぼりの灯り。見ているだけで興奮します。

 御旅所から戻る「曳下げ」は、下り坂で行われるので、別の迫力があります。

 6基の屋台と笠鉾は、それぞれに趣向を凝らした大型な物ばかりです。

「国重要有形民俗文化財」となっています。

2, ぼんぼり

 屋台と笠鉾は、曳廻しのために、無数のぼんぼりを飾ります。

暗くなると灯りをともすので、まさに「動く不夜城」となります。

3, 歌舞伎と踊り

 屋台の両袖に舞台を造り、「秩父歌舞伎」が演じられます。

 地元の花柳流舞踊家達と杵屋一門によって「ひき踊り」が行われます。

「秩父神楽」とともに「国指定重要無形民俗文化財」になっています。

4, 花火

団子坂の「曳上げ」に合わせて、花火が打ち上げられます。

勇壮な「屋台囃子」の響く中、花火の音が力強くとどろいて盛り上げます。

大スターマインの華麗な花が冬の夜空に咲ききそいます。

19:00~22:00が花火打ち上げ時間です。

19:30~  日本花火芸術大会

20:50~    煙花主催町競技花火大会

21:20~  虹のスターマイン大会

21:50~  フィナーレ 黄金の滝

 

秩父市の観光スポット

[観音霊場]

 秩父は三十四観音霊場の札所として知られています。

秩父市内には、四萬部寺(しまぶじ)・真福寺・常泉寺・金昌寺の4ヶ所があります。

西武秩父駅から歩いて廻ることができます。

 

[三峰神社]

 関東一番の龍穴パワースポットです。

 日本武尊が東征中に創建し、役小角が修行し、弘法大師空海が観音像を安置したと伝えられます。

この3人の名前を聞いただけでも、パワーの強さがわかりますね。

 古くから修験道の修行場として信仰されていました。

 狛犬(こまいぬ)の代わりに山犬がいます。

珍しい三つ鳥居、石畳みに浮き出る龍の姿など、不思議がいっぱいの神社です。

 西武秩父駅から三峰行急行バスで1時間半です。

 

[秩父ミューズパーク 旅立ちの丘]

 広大な公園の中には、芸術・文化・スポーツの施設があり、四季の自然の美しさが楽しめます。

 旅立ちの丘は展望台で、秩父市内から市外まで一望できます。

夜景の美しさも人気があり、21:00までライトアップされます。

 西武秩父駅から西武観光バス「ぐるりん号」に乗ります。

スポンサーリンク