スポンサーリンク




赤ちゃんの洋服、何をどう着せる?

スポンサーリンク




赤ちゃんの洋服、どう着せればいいのか…何が必要なのか…
種類も多いし悩みますよね…
私もいざ、買いに行ったときに、種類がありすぎて困りました。
短肌着、長肌着、コンビ肌着…
ドレスオール、プレオール、ツーウェイオール…??

赤ちゃんの服にこんな種類があるとは…

私の経験も含めて、服の特徴と合わせて、
参考になるように紹介していきます。

スポンサーリンク

 

基本的な服の特徴は?

まずは、肌着の種類として、代表的なのが、
「短肌着」「長肌着」「コンビ肌着」「ボディ肌着」です。

短肌義
丈が腰までのサイズで、汗を吸い取る役目があります。
袖なしもありますが、袖ありがオススメです。
生地も伸びる生地が良いです。

長肌着、コンビ肌着
短肌着の丈が長いバージョン。
さらに、コンビ肌着は、足の部分がスナップで留めれるようになっているもの。
足の動きが活発になってもめくれません。
役割は同じなので、コンビ肌着が長く使えてオススメです。

スポンサーリンク

ボディ肌着
股の部分をスナップで留めるタイプ。
さらに動きが活発になるお座り時期からがオススメです。

基本的な服の特徴は、

ドレスオール
裾がスカート状になっているもの。新生児時代、楽です。
プレオール、カバーオール
足の部分をボタンで留めるタイプ。
ツーウエイオール
ドレスオール、プレオール、両方の使い方が出来るタイプ。
新生児時代はドレスオールのように使い、あんよがよく動くようになったら、
プレオールのようにスナップを留めれます。

スポンサーリンク

後は、ベストや羽織るもの、おくるみ等も必要に応じて揃えましょう。

 

新生児時代〜5カ月頃

生まれたばかりの赤ちゃんは、50センチでもダボダボですが、
この時期はあっという間に大きくなります。

肌着サイズは50〜60センチ→成長によって60〜70センチになります。
洋服は、ワンサイズのものもあれば、ツーウェイオールは50〜70センチ
があったりします。
私は、なるべく長く使いたかったので、全部ツーウェイオールで揃えました^^;
サイズも50センチ〜70センチで、この時期はずっと使ってました。

スポンサーリンク

着せ方例

春、秋
短肌義+コンビ肌着+ツーウェイオール


短肌着+コンビ肌着


短肌着+コンビ肌着+ツーウェイオール+ベスト

暑い日は短肌着やベストを脱いで調整します。
寒い日は、時々赤ちゃんの体を直接触って、全体的にひんやりする場合は、
着るものを増やすか、かけ布団を増やすかして調整しましょう。

必要枚数は、肌着は5〜6枚程、服は4、5枚程ですが、
赤ちゃんによってはミルクを吐きやすかったり、夏ごろは汗で着替えが多かったりするため、
様子を見て増やす必要があるかもしれません。

 

6カ月頃〜1歳頃

洋服サイズは70〜80にサイズアップします。
お座りが出来るようになったら、上下分かれた服が着れます。
動きが活発になる時期なので、動きを妨げない、余裕ある服を着せましょう。
肌着はボディ肌着が活躍します。

着せ方例

春、秋
ボディ肌着+長袖トレーナー+ズボン


ボディ肌着+Tシャツ+短ズボン


ボディ肌着+長袖トレーナー+羽織るもの

夏は、暑そうな時はもらいものの、袖なしのつなぎだけで着せたりしました。
冬は出かけるときはその時の気温によって、暖かい上着を着せましょう。
住む場所によって温度差が違うので、その地域にあった洋服を着せましょう。
ほとんど大人の感覚で大丈夫ですが、大人よりもちょっと暑がりなので、
気持ち薄めに着せましょう。

 

最後に

最近の子供用の洋服は、おしゃれで種類も多いですよね。
私の小さい頃とは大違いです…^^;

しかし、この時期の私の子は、新生児の時以外は、全部もらいもので過ごしました^^;
着る期間も短いですし、少しでも家計の負担をなくしたかったので…
服ぐらい新しいものを買ってあげれば…とも思ったのですが、
自分でほしいものが分かるようになったら、新しい服を買ってあげようと思いました。

どんな洋服でも、自分の子が着ればどんな洋服でも可愛いですしね^^

 

スポンサーリンク