スポンサーリンク




注意!赤ちゃんはアレルギーになりやすい

スポンサーリンク




離乳食が進むと、心配になるのがアレルギーですよね。
特に、アレルギー持ちの親族がいる家庭は心配ですよね…

私の家計は、アレルギーを持っている人がいないため、
アレルギーに関する知識は皆無でした…

そのため、離乳食でもあまり気にせず、

スポンサーリンク

「卵黄食べても大丈夫だし、そろそろ全卵にしよう。」

と、初めて全卵を食べた日に、3食とも全卵を食事に使用してしまいました…
その結果、体中に発疹が…
発疹だけで済んだから良かったものの、呼吸困難を引き起こすこともあると
知り、ゾッとしました。

アレルギーに関して、必要最小限の知識は持っていた方が良いですね。

スポンサーリンク

 

アレルギーは赤ちゃんに多い?

「私の子、卵でアレルギー反応出たけど、卵ずっと食べれないの?」

そう思うお母さん、多いと思います(私は思いました…)

実は、食物アレルギーの赤ちゃんは、10人に1人いる、と言われるそうです。

スポンサーリンク

赤ちゃんは、食事で摂取した食物を、体で消化吸収する機能がまだ未熟であるため、
本来なら小さく分解された物を吸収するのに対して、
分解しきれず、大きい状態の物を吸収してしまい、
その際にアレルギー反応を起こしてしまう事があるそうです。
そのため、消化器官がしっかり機能するようになる頃には、
アレルギー反応を起こしていた食べ物も、食べられるようになる事が多いそうです。

しかし、アレルギー症状を放置しておくと、症状が悪化し、治りにくくなる
事があるそうです。

「アレルギーかも…?」

と思った場合は、すぐ病院で診てもらい、適切な指示を受けた方が良いでしょう。
(何を食べたか、答えられるようにしておきましょう)

時には、「アナフィラキシーショック」と言って、ショック状態になる事もあります。
意識が朦朧としていたり、呼吸困難等の症状がみられた場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

 

アレルギーを起こしやすい食材は?

最もアレルギーを起こしやすい食材で、3大アレルゲンと呼ばれるものがあります。

スポンサーリンク

㈰卵
卵黄よりも卵白で起こしやすいです。
卵黄でしっかり様子を見て、卵白は特に慎重に、少しずつ与えましょう。

㈪乳製品
牛乳、ヨーグルト、チーズ等の乳製品

㈫小麦
うどん、パン、パスタ等、小麦を含みます。

その他にも、えび、かに、そば、落花生がアレルギーを起こしやすいと言われています。

しかし、これらはアレルギーを起こしやすい、と言われる食材であり、
その他の食材ではアレルギーが起きない、という訳ではありません。
可能性はどの食材でもありえるのです。

初めての食材は少さじ1さじから、というのは、こういった事からなのですね。

 

アレルギー検査は受けられるの?保険はきくの?

アレルギーの検査は、一般的には、血液検査、皮膚でのパッチテスト等で検査出来ます。

しかし、赤ちゃんの場合は、血管が細く、採血が難しい事や、
この時期の検査結果はあまりあてにならない、
という事もあり、検査するまで至らない事が多いようです。

しかし、親族にアレルギーを持っている方がいる場合や、
今現在、ひどいアレルギー症状が見られる場合は、担当医と相談しましょう。
アレルギー科という専門の科がある病院に行くのも良いでしょう。

アレルギー検査は、何らかのアレルギー症状が見られる場合は、保険が適用されます。
しかし、何の症状もなく、検査を希望した場合は、全額自己負担になります。
金額は、受ける検査項目によって異なるため、受ける際は、
しっかりと検査の内容、費用を確認しましょう。

最後に…

離乳食が進むにつれて、

「あんなにペーストのものしか食べれなかった子が、しっかり形ある物も
食べられるようになっている…」

ついつい嬉しくなって、いろんな食材にチャレンジしたくなりますよね。

私も最初は慎重に進めていたのが、後期に入るとつい油断して、
初めての食材も普通にあげていたりしました…

しかし、アレルギーを起こす可能性がある以上、初めての食材は小さじ1から、
を、必ず守る必要があります。

時間はたっぷりあります。

焦らず、ゆっくり進めていきましょう^^
(自分にほとんど言い聞かせてます^^;)

 

スポンサーリンク