スポンサーリンク




知育玩具って何?あった方がいいの?

スポンサーリンク




子供のおもちゃ、すごいたくさんありますよね…
たくさんありすぎて、何を買えばいいのやら…?
積み木一つにしても、種類が多くてびっくりしますよね!

そしてよく見かけるのが、、知育玩具と書いてあるもの。
見た感じ、普通のおもちゃだけど、他のおもちゃと何が違うんだろう?と思いますよね。

名前からして、頭が良くなりそうだな〜と思ったり…

スポンサーリンク

今回は、そんな知育玩具について、お話します。

知育玩具って一体何?

知育とは、知能を高め、知識を豊かにするための教育、だそうです。

つまり、考える力、想像力や思考能力、記憶力だったりと、
そういう力を習得することで、柔軟な考えが出来たり、
いろんな発想を思いついたり出来るようになるそうです。

スポンサーリンク

おもちゃで遊びながら、
「このボタンはなんだろう?」「さっき音がしたのはこのボタンかな?」
「こっちのボタンも押したら何かなるのかな?」
と、遊びながら考える力がどんどん鍛えられる、それが知育玩具なのです。

私もいくつか持ってるのですが、最初は適当に掴んで投げたり、
舐めたりするのですが、ボタンを押したら音が出る、ということが分かって、
ボタンをカチャカチャ…
音が出ると、嬉しそうに笑いながら、またボタンを何回もカチャカチャするのです。
次の日には、同じおもちゃを渡すと、もうボタンを押そうとします。
つまり、昨日遊んだ記憶が残っていて、ボタンを押せば音が鳴ることを理解してるってことですよね。

大人の感覚では、普通の事ですが、生後1年もたたない赤ちゃんが、すでに考える力を
身につけているって、すごいですよね。

スポンサーリンク

知育玩具はそんな能力を伸ばす役割をしてくれるんですね。

楽しくが大事!

「普通のおもちゃで遊ぶよりも、知育玩具で遊んでもらったほうが、頭が良くなる!」

そう思っちゃいますよね…

スポンサーリンク

しかし、普通のおもちゃで楽しそうに遊んでいる子に、

「はい、そっちのおもちゃよりこっちのおもちゃで遊ぼうね〜」と、

遊んでいたおもちゃを取り上げるのは、NGです。
せっかくお気に入りのおもちゃで遊んでいたのに…と、泣いたり拗ねたり…
別のおもちゃを渡されても、もう気分はのりません。

知育玩具は楽しく、興味を持って遊んでもらう事に意味があるのです。
おもちゃをすべて知育玩具にするのもちょっと違いますね…

時には単純な遊びをしたい…
頭使うだけじゃなく、時には単純な事をしたい…大人もそうですよね^^

赤ちゃんや幼児は、自分の気持ちを言葉でうまく伝える事が出来ません。

その分、見守る大人は、
「今は集中してるな〜」
「ちょっと飽きてきてるな…他のおもちゃ渡してみようかな」
と、その子の気持ちを想像しながら、楽しく遊べるお手伝いをしてあげましょう。

遊び方は、その子次第

おもちゃで遊ぶ時…ちょっと遊び方が違うな〜と思う時、ありますよね。

積み木を渡したけど、ずっと舐めている…投げて遊んでいる…
両手に持ってカチカチ音出して遊んでいる。
しかし、それを「違うよ〜」と否定するのは待ってみましょう。
(もちろん、危険な遊びをしている場合は、注意しましょう!)

遊び方を決めるのは、遊んでいる子供なのです。
見ていて、もどかしい気持ちになるかもしれませんが、
その子なりに楽しんでいるのです。
もしかしたら、ふとしたきっかけで、
「あ、こうやって遊ぶのか!」と
自分で気付く事が出来るかもしれません。

隣で親が遊んでいるのを見て、真似することもあるかもしれません。
長い目で見守ってあげましょう^^

 

最後に…

知育玩具であっても、そうでなくても、子供は遊んで学んでいくのです。
あまり深く考えず、親から見て、子供が喜びそうなものを選べば、
子供も喜んでくれると思います^^

 

スポンサーリンク