スポンサーリンク




子供の教育費、どれくらい?塾や習い事、どうする?

スポンサーリンク




1人の子供を育てるのに、およそ2000万円必要とも言われています。
という事は、子供が2人になると、4000万円…
ゾッとしますよね…
2人目の壁というのをよく聞きます。
2人目がほしいけど、お金がないから無理…そう思う家庭も多いでしょう。
しかし、2000万円と聞くとびっくりしますが、
実際、いきなり2000万必要なわけではなく、大学を卒業するまでの、
およそ22年かけて必要な訳で…
その時々によって、かかる費用は変わります。
また、公立に行くか、私立に行くか、塾や習いごとはどうするのかによって、
出費額は全く変わってくる訳です。

ある程度、いつ頃にいくら必要なのか、を把握しておく必要がありますね。

学校教育費っていくら?

まずは必ず必要になってくる学校教育費について、
およその目安を紹介します(通う場所によって金額は変わります)
(習い事などの学校外活動費は含めません)

スポンサーリンク

幼稚園
公立…年間約20万円(3年60万円)
私立…年間約50万円(3年150万円)

小学校
公立…年間約10万円(6年60万円)
私立…年間約90万円(6年540万円)

中学校
公立…年間約25万円(3年75万円)
私立…年間約100万円(3年300万円)

スポンサーリンク

高校
公立…年間約20万円(3年60万円)
私立…年間約80万円(3年240万円)

大学
国公立…入学費約80万円、年間約100万円(4年480万円)
私立文系…入学費約95万円、年間約150万円(4年695万円)
私立理系…入学費約105万円、年間約180万円(4年825万円)

もう一度言いますが、これはあくまでも目安です。

スポンサーリンク

実際もっと安いかもしれませんし、もしかすると高くなるかもしれません。
こうしてみると、公立へ行くか、私立へ行くかで大きく変わります。
「全部公立へ行ってもらえば安い!」
私もそう思いました。
しかし、まずは自分の家から通学圏内の学校を探してみましょう。
その学校は、公立でしょうか?私立でしょうか?
公立の幼稚園…結構少ないものです。
住んでいる場所によって、公立と私立の学校数は変わってきます。
まずは、自分の近くに公立の学校があるのかも、調べておきましょう。
小学校、中学校はある程度分かりますよね。
しかし、高校入学となると、子供の意思も尊重しなければなりません。
大学入試となると、さらに県外へ行くのかどうかも、子供次第でしょう。

なるべく子供の希望を叶えられるよう、お金に余裕はあった方が良いですね。
難しければ、奨学金の利用も考えた方が良いかもしれません。

 

習い事、どうしますか?

子供が望む事は叶えてあげたい…
親としては当然考える事ですよね
しかし、習い事の月収…結構かかりますよね。
2つ3つさせるなら、2、3万円跳んでいきます。
それが子供が増えると更に増えて…大変ですねぇ。
しかし、子供が本当に望んでいるのかどうか・・・?
子供の希望で習わせ始めたとして…数ヵ月後、本当に行きたがってるでしょうか?

まずは本当に子供が行きたがっているのか、楽しんでいるかを見極めましょう。
体験入学をいろいろ経験してみるのも良いでしょう。
続けるのが苦痛なようであれば、思い切ってやめるのも良いでしょう。

いろいろ試して、本当にやりたい事を見つけた時はきっと大きな財産となるのでしょう。

スポンサーリンク

塾について、どう考える?

子供には良い大学に行ってほしい。良い会社に就職してほしい。
そのためには、学校だけでなく、塾にも通わせないと…
しかし、子供が望んでないのに塾に通わせるのは、大きなストレスになるかもしれません。

今は、昔に比べて学校で習う範囲が少なく、
そのため、学校で学ぶだけでは足りず、塾へ通う子が増えているそうです。
確かに塾へ通う事で、学力は伸びると思います。

個人的な主観になってしまうのですが、
塾へ通う目的が、良い学校へ行くためであるのならば…
良い学校へ行く目的が、何であるかを考える必要があると思うのです。

まず、将来の夢を聞いてみましょう。
自分が何に興味をあるのか、何を仕事にしたいのか…
例えば、ゲームに興味があって、プログラマーになりたいとします。
では、情報処理系に強い大学は?もしかしたら、大学よりも専門学校の方が良いかもしれません。
高校も、大学進学に強い高校よりも、専門の科がある高校に通うのが良いかもしれません。
塾に通うよりも、少しでもプログラマーに必要な知識を学ぶ方が良いかもしれません。
本人がやりたいと思う事なだけに、やる気も出る事でしょう。

確かに、学力が高ければ、将来に進む道の幅は広がると思います。
今はやりたい事が分からないけど、将来いろんな選択肢を持てるよう、勉強したいと、
子供が望むのなら、私もぜひ塾には行かせたいと思いますが。
勉強が出来ないから…周りが行ってるから…で、行かせるのは目的があいまいな気がするのです。

親の考えだけで決めず、子供としっかり話し合う必要があるかもしれませんね。。

 

最後に…

私立や公立、習いごとや塾…まだ分からない段階かもしれませんが、
ある程度は。対応出来るようにはお金を少しでも貯めておく必要がありそうですね。
もし、浮きそうであれば、少し豪華な家族旅行へ行くなどするのも良いと思います。

最後に、ここまでの話を読んで、おそらく、

「習いごとも塾も否定的なの?」

と感じた方もいると思います。

実は、私自信が小さい頃から習いごとをいくつか習っていたのですが、
完全に親にやらされている状態だったのです。
私の中で、「親が決めた事」は「やらなければいけない事」と思っていたので、
「やめたい」を言う事が出来ませんでした。
塾に関しては、ずっと「行きたくない」を主張し続けていたので、
通信教育で学んでいましたが、それもやる気がなく、全く意味をなさなかったのです。
他にやりたい事があったのに、無駄な時間だったなと、今でも思います。

今思うと、なんでもっと「やめたい」「やりたくない」を言わなかったのかと思いますが、
親が、言わせない雰囲気を作っていたように感じます。

そんな経験からか、自分の子には同じ思いをさせたくないのです。
もちろん、全部の家庭がそう、というわけではありませんが、
そういう子もいる、という事ですね。

習いごとや塾に通う事で、理想の将来を実現する子もいれば、
同じ条件でも、途中で挫折する子もいます。

そうした時に、

「大きなお金をかけたのに…」

と落胆するのではなく

「そうか、じゃあこれからどうしようか?」

と、広い心で迎えてあげましょう。

良い大学に受かった矢先、

「お笑い芸人になる!!」

と言われるかもしれません。

「じゃあ私を納得出来る笑いを見せてみなさい!」

と、言えるくらい、構えていられるといいですね。

もしかしたら本当に才能があるかもしれませんよ^^

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク