スポンサーリンク




クリスマスイルミネーションスポット2015 関東テーマパーク編 

スポンサーリンク




今年もこの時期がやってきました。クリスマスシーズン!

冬の澄んだ空気とともに、夜に映えるイルミネーション。大人も子供もうきうきします。

今年はどんなクリスマスが待っているのでしょうか。家族で行きたい、デートで行きたい特別に壮大なクリスマスイルミネーションをまとめてみました。

スポンサーリンク

 

よみうりランド(東京都稲城市)

今年のよみうりランドはさらにバージョンアップ&早い!というのも、例年より2週間も早く、10月16日からライトアップを開始しました。ハロウィンの時期にも楽しめるという意向です。

昨年より多い400万個のLEDライトを使用し、今年はオレンジカラーも登場しました。また、乗り物に乗りながら宝石がちりばめられたおとぎ話のような世界を望み、しかも東京タワーとスカイツリーが同時に見られるという何とも幻想的なコラボです。

スポンサーリンク

来年のバレンタインデーまで開催しているので、デートにももってこいです。限定のイベントも行っており、要チェックです。

(2015年10月16日~2016年2月14日)

 

スポンサーリンク

東京ドイツ村(千葉県袖ケ浦市)

千葉県内でナンバーワンの人気を誇る東京ドイツ村のイルミネーションです。

東京ドームの27倍の敷地面積を持ち、園内(村内)にそのままマイカーで入ることができるとても便利なパークで、車で来る人も多いです。

今年は11月7日から開催されることが決定しました。200万個の電飾で、テーマはおもちゃ箱。どんなおもちゃが飛び出すのか期待でいっぱいです。

何と言ってもその広大な敷地内のイルミネーションに感動します。リピーターもとても多いです。当然のことながら、クリスマスシーズンは行きも帰りも相当な混雑が予想され、園内も多くの人でごったがえしています。ゲートをくぐるのに1時間以上かかる場合も。開催期間が長いので、少し時期をずらして行くのもおすすめです。

スポンサーリンク

(2015年11月7日~2016年4月3日)

 

あしかがフラワーパーク(栃木県足利市)

東京ドイツ村とともに、関東三大イルミネーションのひとつ、あしかがフラワーパークは、2014年4300人の夜景観賞士が全国第一位に選んだ場所です。

300万個の電飾で3つのテーマに分かれて開催されます。今年は、新しいスポットとして、春にオープンしたローズガーデンに電飾を施し、光のばらを楽しむことができます。また水面を利用し、水面に電飾を映すことにより、光が2倍になる演出は実に見事でロマンチックな素晴らしい光景です。そして、山の斜面に映し出された光は、まるで輝く絵画のようです。

(2015年10月24日~2016年2月4日、12月31日は休園)

 

みなとみらいエリア(神奈川県横浜市)

桜木町駅を降りたとたん現れる、ランドマークタワーから大観覧車やインターコンチネンタルホテルまでが、まるで1つのテーマパークのような横浜みなとみらいエリア。クリスマスには絶対はずせないスポットの1つです。

よこはまコスモワールドは、遊園地あり、横浜のシンボルである大観覧車ありと、ライトアップもゴージャスです。

また、汽車道から眺めるみなとみらいは、映画のワンシーンのように壮大で、絵葉書のようです。昼も夜も大勢の人々が行きかいます。

ランドマークタワーの中にも巨大クスリマスツリーが飾られ、雨の日でも濡れずにショッピングや観光が十分楽しめる場所として、県内、県外からも多くの人が訪れています。

(2015年11月初旬~2016年2月)

 

クリスマスイルミネーションは、誰もが笑顔になり、感動するシーンです。ちょっと気分が落ち込んだ時でもキラキラ輝く光は人々を幸せにしてくれます。宗教など関係なく、1つのイベントとして、子供から大人までこのひとときを楽しんでみてはいかがでしょうか。

各方面から色々なバスツアーもでているので、旅行会社をチェックしてみれば、その地域に不案内の人でも気軽に訪れることができます。

 

スポンサーリンク