スポンサーリンク




正月と言えばおせち料理!知っておきたい意味や由来

スポンサーリンク




 お正月のごちそうは、お雑煮とおせち料理ですね。

 おせち料理は、いつ頃からあるのでしょう?

おせち料理とは、何でしょう?

[節供(せちく)料理がおせち料理になった]

スポンサーリンク

 おせち料理は、御節料理と書きます。節日(節句)に作る料理のことです。

節日(せちにち)とは、中国から伝来して日本の年中行事となった、季節の変わり目となる日です。節句(せっく)・節供(せっく)とも言います。

 節日は「五節句」といい、5つあります。

スポンサーリンク

・人日(じんじつ)1月7日

・上巳(じょうし)3月3日

・端午(たんご)5月5日

スポンサーリンク

・七夕(たなばた)7月7日

・重陽(ちょうよう)9月9日

上巳はひな祭りで、端午の節句や七夕とともに、今もお祝いされています。

 奈良時代の宮中では、節日には節会(せちえ)という宴を催しました。

節会に供される料理が「節供(せちく)料理」です。

 時代が下るにつれて、武士から一般庶民まで御節供を行うようになりました。

「節供料理」は、一番大事な節日「正月」に供する料理のことを指すようになりました。

 それで、「おせち料理」が「正月三が日に食べる料理」になったのです。

 今でも正月7日に「七草粥(かゆ)」を食べるのは、奈良時代の人日の節句に由来しています。

 

[重箱に詰めたのは、江戸時代の末から]

 おせち料理は「重箱に詰められている」というイメージが強いのですが、これは、第二次世界大戦後に定着した形です。

 奈良時代の「節供料理」は高盛りにされていました。

室町時代には、三方(さんぽう)に食物を載せて飾ったようです。

 現在の「おせち料理」は、江戸時代の武家の作法が基本となっていますが、

武家の作法は、室町時代・戦国時代と受け継がれてきました。

 江戸時代、武家も庶民も、料理を三方に載せて床の間に飾り、歳神様にお供えしました。

関西では「蓬莱(ほうらい)かざり」、関東では「食積(くいつみ)」九州では「蓬莱台」「手懸け盛」と称しました。

 これは、正月の来客に出したり、家族も食べたりしました。

 19世紀に入ると、膳に盛る料理と重箱に詰める料理が用意されるようになりました。

 これは、文化・文政年間(19世紀初め)の料理茶屋が始めたようです。

 江戸では、膳に盛る料理は煮物などで、「おせち」「御節」と呼び、重箱に詰める料理を「食積」と呼びました。

 明治時代になると、本膳料理であった煮物なども重箱に詰めるようになり、「食積」と「御節」の区別がなくなってきました。

重箱に詰めた正月料理を「御節料理」と呼ぶようになりました。

 第二次大戦後、デパートで重箱詰めのおせち料理を売り出すようになり、この形が定番となりました。

 

[おせち料理とは、どんな料理?]

 おせち料理は、地方によってちがいます。

また、それぞれの家庭で食材や料理法がちがいます。各家庭のしきたりが生きている、まさに「我が家の味」です。

 しかし、基本的な構成は共通で、江戸時代から変わっていません。

 三つ肴(さかな)・煮しめ・酢の物・焼き物の四種です。

 三つ肴は「祝い肴・口取り」とも言います。

関東では「黒豆・数の子・田作り(ごまめ)」、関西では「黒豆・数の子・たたきごぼう」の三種類です。

 関西では、「にらみ鯛」という尾頭付きの焼いた鯛を用意します。この鯛は、正月三が日は箸をつけず、飾っておくだけです。

 酢の物は、大根と人参で作る「紅白なます」が多いようです。

 おせち料理は、基本的に日持ちするようにできていて、三が日の間、煮炊きする必要がありません。

 これは、「歳神を迎える正月の火は神聖である」という考えに由来します。

スポンサーリンク

神様と共に食べる雑煮(ぞうに)に火を使うだけにして、三が日はできるだけ火を使わないようにするのです。

 また、台所仕事を減らして、「女性達をゆっくり休ませよう」という思いやりもあったようです。

 現在は、冷蔵庫・冷凍庫が普及して生鮮食品も保存できるため、おせち料理は和・洋・中華と種類も豊富になっています。

 

お薦めのおせち料理は?

 おせち料理をデパートなどで買う方法は、2通りあります。

 煮しめなど、家庭で作る料理以外のもの、紅白かまぼこ・だて巻きなどを個別に買う人も少なくありません。

 料理好き・料理自慢の女性は、黒豆や栗きんとんまで手作りしますが、さすがに、かまぼこや田作りは買うようです。

 

 かまぼこは、関東なら「鈴廣」「籠清」「大寅」、富山の「河内屋」、高知の「依光」、宮城の及善蒲鉾店などがお薦めです。

 歯ごたえや味が微妙にちがうので、お気に入りの味を探し出してくださいね。

 私の家は、祖母の代から日本橋の「弁松」に頼んでいます。

 紅白かまぼこ・だて巻き・錦玉子・栗きんとんに加えて、玉子焼きを買います。関西風の「出汁巻き」ではなく、甘みのしっかりした関東風の玉子焼きは絶品です。九州出身の方の口にも合うでしょう。

 煮しめは甘口なので、自分で煮直して「我が家の味」にしてしまいます。

 重箱詰めのおせち料理を購入する方法もあります。

 三つ肴・煮しめ・酢の物・焼き物が全てそろっているだけでなく、「お正月のごちそう」らしく「伊勢海老」「あわび」「イクラ」など豪華な食材がふんだんに使われているのも魅力です。

 和風の他に、中華風も洋風もあります。

それぞれの御家庭の年齢層や好みに合わせて選べるのが、いいですね。

 各デパートのオリジナルおせち料理もいいのですが、老舗料亭や有名レストラン、一流ホテルのおせち料理は、一度味わってみたいものです。

[和食]

東京ならば、「なだ万」のおせち重詰和洋二段35,640円(2~3人前)、

和風二段38,880円(2~3人前)、・70,200円(4人前)

浅草田圃の「草津亭」の江戸おせち二段重32,400円(3~4人前)、

江戸おせち三段重54,000円(4~5人前)

京都ならば、「たん熊北店」の和風おせち三段32,400円(3~4人前)、

和風おせち二段62,640円(3~4人前)

「下鴨茶寮」の寿三段75,600円(3~4人前)

「山ばな 平八茶屋」の和風二段54,000円(5~6人前)

「有職料理 萬亀楼」の和風重詰おせち二段59,400円(4~5人前)

加賀料理ならば、老舗旅館「加賀屋」の和風おせち二段21,600円(2~3人前)、

「料亭旅館 山乃尾」のおせち三段重43,200円(3~4人前)

[洋風]

「ホテル・オークラ」洋風おせち二段重41,040円(2~3人前)、

和洋中おせち三段重54,000円(2~3人前)、

「オー・プロヴァンソー」のフレンチおせち二段重37,800円(4~5人前)

「アクアパッツァ」のイタリアン二段重32,400円(3~4人前)

[中華]

Wakiya一笑美茶樓(いちえみちゃろう)の中華おせち二段重41,040円(4~5人前)、ふかひれ姿煮入り四段重108,000円

 

おせちの予約は、いつから、どこで、できるの?

 有名レストランや老舗料亭のおせちは、たいてい、大きなデパートで扱っています。

そのデパート限定のおせちもあります。

デパートによって、中身や値段が多少異なります。

 どこのデパートでも、9月下旬から12月20日頃まで、予約を受け付けます。

人気のおせちは、10月末に売り切れてしまうこともあります。

 予約は、電話・インターネット・店頭でできます。

 ホテルやレストラン、料亭に直接予約することもできます。

電話やインターネットで予約を受け付けています。

予約期間は、デパートと同じようなものですが、やはり、売り切れることがあります。

スポンサーリンク