スポンサーリンク




本当に効くのはどれ?症状別風邪薬のオススメ!

スポンサーリンク




風邪を引くと病院に行く前にまず市販の薬を飲むという方は多いのではないかと思います。

しかし、お店にいっても数多くの薬が売ってあるため、どれを買って良いのか分かりませんよね?どの薬がどんな効果を持っているのでしょうか?今回は、症状別のオススメ風邪薬について紹介していきます。

 

熱に効く

発熱に効果のある成分がアスピリンやアセトアミノフェンなどです。これらの含有量の多い薬を探していくと良いでしょう。

オススメとしては「ルルアタックFX」です。解熱作用のある成分をたっぷり配合してあり、熱以外にも頭痛や関節の痛みを抑えてくれる効果もあるため、キツ目の発熱にも十分な効果が期待できます。

 

のどに効く

のどにはイブプロフェンやトラネキサム酸などの成分が挙げられます。のどの痛みには「コルゲンコーワIBTX」がオススメです。

喉に効く成分の量が最高値まで含有されているため、その効果は絶大です。解熱にも効果を発揮しますが、鼻水鼻づまりにはあまり効果が見られないため、のどが痛んだり発熱したりしているときに服用すると良いでしょう。

 

鼻水・鼻づまりに

鼻水鼻づまりは、アレルギーか風邪なのかによって必要になる成分が異なります。アレルギーならマレイン酸クロルフェニラミンやフマル酸クレマスチン、風邪の場合はベラドンナ総アルカロイドやオキシメタゾリンなどが必要になります。

アレルギーの場合では「アレジオン10」がオススメです。アレルギーの薬によくある眠気が来ない薬なため、仕事中でも服用出来る点でも嬉しいですね。

風邪ならば「ベンザブロックSプラス」が良いでしょう。黄色のベンザですね。

 

咳に効く

咳に効く成分はリン酸ジヒドロコデインやクエン酸チペピジンなどがあります。オススメは「アネトンせき止めZ錠」ですね。

気管支筋を収縮させて咳が出ないようにして、たんが出やすくなるような効果が期待できます。咳をし続けても楽にはなりませんし、のどを痛めるだけなので出来るだけ早く薬を服用するようにしましょう。

 

まとめ

風邪とはいえ、様々な種類の用途別の薬があります。自身の症状をしっかり確認しつつ、必要な薬を選んで飲むようにすることで、驚くほど早く風邪は治るものなのですよ。

スポンサーリンク