スポンサーリンク




一人だって寂しくない!クリスマスの一人での過ごし方

スポンサーリンク




クリスマスは家族や恋人、友達と過ごすものというイメージが定着していますが、恋人がいない、友達と予定が合わない、家族は遠方で暮らしているなど、一緒に過ごす人が誰もいなくてどうしたらいいのかわからないという方もいることでしょう。

寂しい思いを少しでも軽減するようなクリスマスの一人での過ごし方を提案します!

スポンサーリンク


家で音楽を聞いたり映画を見たりしてのんびり過ごす

一人で過ごすということは、すなわち誰にも気を遣う必要がないということ。チキンやクリスマスケーキを買ったら、家の中でクリスマスの音楽を聞いたり、クリスマスをテーマにした映画を見たり、本を読んだり。

いつもとは違う過ごし方をすることでクリスマスの気分に浸れます。

スポンサーリンク


図書館に行ってみる

クリスマスに一人で外を歩くなんて恥ずかしい!という方は、学校や地元の図書館に足を運んでみてはいかがでしょうか。実は図書館は、読書を楽しんでいる人や勉強のために来ている人など、一人で来ている人が非常に多いのです。

スポンサーリンク

なにもクリスマスに勉強しなくても…と考えてしまいますが、世間のイベントに興味を示さない人が一定数いることがわかります。年末年始の休暇に読む本を探してみてもいいですね。

スポンサーリンク


あえて仕事をする

接客の仕事をしている人はクリスマスに仕事が入る方が多いと思いますが、平日昼間に仕事をしている場合でも、あえて残業し仕事に専念することで、寂しい思いをすることなくクリスマスを過ごせますよ。

実は筆者が大学生の時、この方法でクリスマスを過ごしたことがあります。早朝から仕事をしていて、お昼過ぎには帰宅できるシフトを組んでいたのですが、当時失恋したばかりで仕事が終わった後、どうしても一人で過ごすのが嫌で、上司に「まだ働きたい」と話して急遽遅番の仕事にも入れてもらえることになりました。

仕事で忙しくしていれば寂しさを忘れられます。「一人で過ごすこと自体が嫌」と言う方におすすめですよ。

スポンサーリンク