スポンサーリンク




クリスマスのプロポーズ大作戦

スポンサーリンク




結婚情報誌「ゼクシィ」が年に1度の特大号を販売するのは12月号。そして1年で最も「ゼクシィ」が売れるのが12月号だそうです。

なぜ12月号が特別なのか、ご存じですか?

タイトルの通り、クリスマスにプロポーズ、婚約するカップルが多いからです。

スポンサーリンク

実際に、多くの男性が「彼女の誕生日」や「おつき合いを始めた日や出会った日」に次いで「クリスマス」をプロポーズのタイミングに選んでいます。

実は、クリスマスのプロポーズは、結婚準備を始めるにあたり非常に合理的なタイミングといえます。


クリスマスプレゼントは婚約指輪!

クリスマスにプロポーズともなれば、婚約指輪をプレゼントとして渡せるので、プレゼント選びに苦戦することはありません。女性にとっても、跪いた男性から「結婚してください!」と言って婚約指輪を渡されるシチュエーションは、誰でも一度は憧れるものです(他の人がいる前では双方ともに恥ずかしいかもしれませんが…)。女性の夢を叶えてあげられるような、素敵なプロポーズを演出してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ただし、彼女の指輪のサイズがわからない場合や、婚約指輪は相手の好みに合ったものを選ばせてあげたいという方は、指輪ではなくても大丈夫。プロポーズの言葉と真剣な気持ちを伝えるだけでも、彼女にとっては忘れられないクリスマスとなることでしょう。


年末年始の帰省を兼ねて両親に挨拶ができる

もし両親が遠方に住んでいて、年末年始に帰省する予定があるなら、2人一緒に帰省して両親に結婚の挨拶ができますね。わざわざ結婚の挨拶をするためだけに帰省するケースより交通費を浮かせられます。

両親がすぐ近くに住んでいる、あるいは実家暮らしをしている場合は、新年の挨拶の時に結婚の挨拶を同時に行うのがおすすめです。新年のおめでたい雰囲気ともあって、結婚の報告は明るいニュースとして受け入れてもらえるはずですよ。

スポンサーリンク

結婚が決まったら、式に向けて準備を始めなければなりません。でも、結婚の準備って何から始めたらいいのかわからない。そうだ、ゼクシィを買ってみよう!という女性が多いのも頷けますね。

お互いに結婚の意思があると判断したら、ぜひクリスマスにプロポーズ大作戦を実行してみませんか?

スポンサーリンク