スポンサーリンク




クリスマスは宗教行事になるの??日本人の宗教観について

スポンサーリンク




クリスマスは「イエス・キリストの誕生を祝う日」と言われています。日本はキリスト教徒でない人たちもクリスマスはプレゼントをもらったり、ケーキを食べたり、クリスマスツリーを飾ったりしてお祝いしますよね。日本人は無宗教の人が多いのに、なぜクリスマスの日にこだわりをもっているのでしょうか。

キリスト教徒のクリスマス

キリスト教の人は、24日の夜から25日に教会へ行きの礼拝を行うそうです。そしてイエス・キリストの誕生日を家族や親族と祝うパーティを行うそうです。

私たち日本人で教会へ行きの礼拝へ行く人は少ないですよね。でも友達や恋人、家族とホームパーティなどを行う人はほとんどではないでしょうか。日本人はクリスマスを宗教行事として行っている人は少なく、楽しいイベント感覚なのだと思います。

日本の宗教感覚

日本人は、元旦は神社に初詣に行きます。七五三は、子供が着物を着て神社にお参りに行きます。クリスマスが近づくと、街中がクリスマスで彩られます。結婚式では、教会で挙げる人もいるでしょう。お葬式は仏教式で行う人がほとんどです。このように、日本人はさまざまな宗教に関わりながら生活しています。世界的にも、このようなことはとても珍しいことだそうです。海外からは、おかしな感覚だ、不思議だと思われることもあるそうですが、私は、それが日本の良いところと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本の神様

日本には様々な神様が存在していると思います。皆さん「神様お願いします!!」と手を合わせて、一度はお願いしたことがあるのではないでしょうか。理由はどうであれ、神様の存在って私たちにとって、とても大きいですよね。そして日本各地に神社やお寺があり、そこへ足を運ぶ人もたくさんいます。人間いろんな考えを持っている人がいるからこそ、神様もたくさん存在しているのではないでしょうか。そこで神様の存在を、肯定したり、否定する必要はないと思います。

まとめ

クリスマスは日本人にとって、子供の頃に行ってきた習慣を、親になって子供にしてあげている、ただそれだけのことなのだと思います。宗教行事としてとらえてる人は少ないのではないでしょうか。さまざまな宗教が存在している日本だからこそ、それを押し付けることはせず、お互いに尊重することが大切だと思います。

この先クリスマスも、子供達が楽しみにしている幸せな日であり続けてほしいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク