スポンサーリンク




全国高校サッカー選手権を盛り上げる!おすすめイメージソング4選

スポンサーリンク




今年の夏の甲子園は盛り上がりましたね~

高校生が真剣にスポーツに打ち込む姿は心を打たれます。

野球も良いですが、高校スポーツの代表格と言えばやっぱり高校サッカーですよね!年末に行われる冬の選手権も楽しみです。

スポンサーリンク

そんな高校サッカー選手権のもうひとつの楽しみといえばイメージソング。長年様々なアーティストが盛り上げてきました。

今回は大会を彩ってきた多くのイメージソングの中から、独断と偏見でおすすめの4曲をご紹介します!

ふり向くな君は美しい/ザ・バーズ

まずはこの曲を紹介しなければいけないでしょう。

スポンサーリンク

高校サッカー選手権の定番曲と言えばコレ!

バーズの『ふり向くな君は美しい』です。

『ふり向くな君は美しい』

スポンサーリンク

1976年の第55回大会から披露されているすっかりおなじみの曲ですよね。

「曲名はよく知らない」という人も、曲を聴けば高校サッカーをイメージするのではないでしょうか?

イメージソングを越えて、高校サッカー選手権を象徴する一曲です。

「明日へ」/FUNKY MONKEY BABYS

青春と言えばこのグループ。

FUNKY MONKEY BABYSの『明日へ』です。

さっそくお聴きください。

『明日へ』

夢の国立を目指す高校生たちへの熱いメッセージが伝わってきます。まさに高校サッカーのイメージにピッタリな楽曲ですね。

そういえば、FUNKY MONKEY BABYSは『あとひとつ』が高校野球の応援ソングにも起用されていました。

野球とサッカー両方のイメージソングに起用されるなんて凄いですね。

きっと彼らの熱く真っ直ぐなメッセージが高校生の心に刺さるからでしょう!

スポンサーリンク

「ファンモン」=「青春」というイメージがすっかり定着しています。

「それぞれの明日へ」/家入レオ

一番最近の楽曲も選んでみました!

家入レオの『それぞれの明日へ』

です。

フルバージョンでないのが残念ですが…

『それぞれの明日へ』

FUNKY MONKEY BABYSの熱く真っ直ぐなメッセージとはまた違い、どこか切なさや儚さを感じさせますね。

家入さんの伸びやかな声が印象的です。

ちなみにまったく関係ないですが、個人的に一番好きなのはコレ。

FNS 大原櫻子 × 家入レオ 『君がくれた夏』

FNS 大原櫻子 × 家入レオ 『君がくれた夏』です。

この2人のコラボは最強です笑

「瞳」/大原櫻子

上の続きというわけではないのですが、最後にご紹介するのは、大原櫻子の『瞳』です。

まずはお聴き下さい。

『瞳』

第93回大会の決勝前、国立競技場でアカペラで披露されました。

圧倒的な歌唱力でスタジアムに集まった人たちを魅了しています。

涙しながら歌う姿もグッときますね…

正直、歌のインパクトが強くて決勝の試合の結果を覚えていません。

それくらい私に強烈な印象を残したイメージソングです。

まとめ

  1. ふり向くな君は美しい/ザ・バーズ
  2. 「明日へ」/FUNKY MONKEY BABYS
  3. 「それぞれの明日へ」/家入レオ
  4. 「瞳」/大原櫻子

こちらが私が選んだ高校サッカーのおすすめイメージソングです。どれも素晴らしい楽曲なのでぜひ聴いてみて下さい!

今年のイメージソングはまだ発表されていないようです。誰が歌うか気になりますね。

年末はイメージソングと一緒に高校サッカーを楽しみましょう!

スポンサーリンク