スポンサーリンク




七五三の着物は母方の親が用意しなくてはいけないの?

スポンサーリンク




お姑さんに「七五三の着物は母方の実家が用意するものだ」と言われたけれど、どうしたらいいの?

七五三は女の子の着物は買わなくてはいけないの?と疑問に思うことがあります。

一般的なしきたりはどうなっているのでしょう。

一般的な七五三の考え方

地方によって違いますが、一般的にお宮参り、ひな人形、七五三は嫁の実家が用意することが一番多いようです。

スポンサーリンク

次に多いのが、七五三の男の子は父方、女の子は母方だとされています。

この時期はすぐに大きくなる時なので、着物が合わなくなります。

毎回購入することも負担が多いですね。

スポンサーリンク

七五三の着物はレンタルでもOK

最近では、七五三の女の子の着物や袴はレンタルが出来るようになっています。

着物のレンタルは1万円前後で借りられます。

昔は七五三というと神社へお参りすることが主でしたが、最近は写真撮影する人が92%で神社にお参りする人が82%となっていて、記念撮影が七五三の行事となっています。

スポンサーリンク

ですから、写真屋が着物を和装店よりリーズナブルな値段でレンタルしています。子供の服装や髪型にこだわる親も増えています。

スポンサーリンク

七五三披露宴に親をよぶカップルもあり

茨木県南部から千葉県北部の太平洋岸では七五三披露宴というものがあって、七五三を盛大にお祝いします。

最近では、ホテルで記念撮影や食事をする七五三披露宴のようなものが広がりを見せています。

そこに出席する人は結婚式のようにご祝儀が発生します。結婚式と同じような金額です。

七五三披露宴が三世代の家族行事になっているところもあるようです。

七五三でお祝いをもらったら両親へのお返しは?

それほど派手にするのでなく、ホテルの個室で双方の両親を招いて、七五三のお祝いの食事も一緒にしたというカップルもいます。

そして、撮影した写真をアルバムにして両親にプレゼントしたそうです。

また、自宅で料理をとって、双方の両親を呼んで一緒に食事をしたカップルもいます。

両親へは写真を添えてお土産という形でお渡しすると喜ばれますね。

七五三は記念撮影を主として着物はレンタルが多い

最近の七五三は神社に参拝よりも写真撮影が主となっているので、母方が着物を購入しなくてはならないとは限りません。

夫婦でよく話し合ってどのようにするのかを決めましょう。

スポンサーリンク