スポンサーリンク




七五三にあう母親の着物は?小紋は着てもいいの?

スポンサーリンク




七五三に合う着物は何でしょうか。子供の成長を記念する日なので記念撮影もしたいから、母親も着物を着たいけれど、どの着物を着ればいいか困っています・・・・という話を耳にしました。

七五三の母親の着物は何がいいの?

七五三の時の着る着物は、子供の着物より少し控えめにし、一般的には準礼装か略礼装がいいですよ。

準礼装や略礼装というと、色留め袖、訪問着、付け下げ、色無地が一般的です。

スポンサーリンク

もし、子供が絵羽模様の着物なら、母親は付け下げか訪問着が各下になります。

子供が紋付か振袖の場合は、色留め袖や色無地紋付がふさわしいでしょう。

昔の七五三は、一つ紋の着物を着た人が沢山いました。

スポンサーリンク

紋が多いほど格が高いとされています。

1、訪問着とは

若い人は全体に柄が入っている総絵羽模様の絵付けの物を着ることが多いですが、年齢が高い方や少し落ち着いたものにしたいときは、裾の方に絵柄が入っているものを選ぶといいでしょう。

訪問着は七五三だけでなく、結婚披露宴やお茶会、パーティや入学式などに着ることができます。

スポンサーリンク

付け下げと似ていますが、格は訪問着の方が上になります」。

2、付け下げ

準礼装に近い着物で、着た時に絵柄がすべて上を向くように描かれています。

スポンサーリンク

訪問着と同じように七五三、お茶会、パーティ、結婚披露宴、入学式、卒業式などに着ることができます。

3、色無地

色無地は、お茶会やお宮参り、七五三などのちょっとしたお出掛けに着ることができる着物です。

1つ紋を入れると、訪問着より格は高くなります。

七五三は一つ紋が多かったですが、今は紋を入れない人も多いです。

色無地は幅広く使える着物です。

小紋は七五三に着てもいいの?

小紋とは、同じ模様が繰り返し描かれていて、一方向に柄が繰り返されています。

小紋はカジュアルな着物とされているので、普通、小紋は七五三の着物としてはふさわしくないとされています。

ですから、お稽古事や普段着に着ることが多いです。

ただ、色無地に近く極めて細かい柄を入れた江戸小紋なら七五三に着られますよ。

江戸小紋に一つ紋を入れたものは略礼装になりますし、紋がなくても飛び柄小紋に礼装格の帯をすれば略礼装になります。

まとめると、一般的に七五三に着るお母さまの着物は、訪問着、付け下げ、色無地がいいですが、小紋を着たいなら江戸小紋にしましょう。

お子様の成長を記念写真に撮るために、お母さまも着物にするといいですね。

スポンサーリンク