スポンサーリンク




七五三、四歳でやるのは変?

スポンサーリンク




大切な我が子にとっての晴れ舞台である七五三。

みなさんはもう済まされましたか?

七五三は割と身近な行事でありながら、意外と知らないことが多い方もいらっしゃるのではないでしょうか?

特に多忙な日々を過ごされている現代社会では「うっかり忘れてしまった…」というご家庭も中にはあるはず。そこで今回は七五三の実施年齢とうっかり忘れてしまった方々へ対象法をご紹介いたします。

七五三の実施日は?

一般的に七五三の日として知られているのは毎年11月15日です。

11月15日が平日の年もあるので、15日付近の土日祝は、多くの神社でかわいい着物を着た子供達とその家族が大勢見られます。

でも、「11月は休みなく働いているから無理だよ~」というご家庭もあるはず。

しかし、安心してください。実は七五三をやる日付に決まりは一切ないんです。

10月中でも、ちょっと寒さを我慢すれば12月だって大丈夫。何だったら平日だって可能です。

かくいう私も平日が休みの仕事をしているので、息子の七五三は平日に済ませました。

最初は私も不安でしたが、神主さんや写真館の方にお伺いしてみると「平日は空いていて写真もたくさん撮れていいね!」などと、好意的な意見まで聞くことができました!

なので、ちょっと時期をずらしての実施もおススメだったりします。

七五三はご家庭の事情やお子さんの体調に合わせて決めるのが良さそうですね。

スポンサーリンク

大変!うっかり忘れてしまったら…

さてここからは、七五三の実施自体をうっかり忘れてしまった…というときの対処法を見ていきましょう。

七五三はお子さんの性別によって実施年齢が異なります。

一般的に…

男の子 3歳 5歳

女の子 3歳 7歳 となっています。

一人のお子さんにつき2回ということになりますが、最近では男の子の3歳を省略してしまうことがほとんどです。なので男の子は5歳のお参り、1回で済ませるご家庭が大半のようですね。

では、女の子はどうでしょう?こちらは男の子と違いほとんどのご家庭で3歳、7歳と2回のお参りをしています。3歳はあどけなさが残るかわいい時期に着物やドレスを着せてお参り、7歳は少しお姉さんになった気分でおめかしをしてお参り、こんな感じですね!

では、うっかり3歳の年齢でのお参りを忘れてしまったら7歳まで待たなければならないのか?

答えはノーです!実は実施日同様に、実施時期に関しても「一般的に」という言葉があるだけで特に定められてはいないのです。神社でのお参りも年齢は関係ありません。「3歳じゃないからお断りです」なんて言われる心配もないんです。

もちろん世間には、「海外に出張中で日本にいなかった」とか「突然の病気でそれどころじゃなかった」というご家庭もあると思います。

なので4歳になってから、都合がつく日にお参りをすることも全く問題ありません。

7歳のときも同様です。年子のご姉妹がいるご家庭などでは6歳と7歳姉妹の七五三を同時に済ましてしまう事も可能です。

七五三は、ケースバイケース、自分の家庭にあったスタイルで行う事が可能なのです。

スポンサーリンク

大切なのは気持ち

それでも、昔のしきたりを重んじるご両親などは「3歳じゃなきゃだめだ!」と思われている方もいらっしゃると思います。

七五三はおじいちゃん、おばあちゃんのものでもお父さんやお母さんのものでもありません。あくまで主役は子供達です。大切な事は我が子の健やかな成長を願う気持ちであって「いつやるか」や「どこでやるのか」ではないのではないでしょうか。

もし、神社へ行けなくても家族でいつもより少しだけおしゃれをして写真を撮り合い、夜は子供の好きなごはんを作ってあげるだけでも十分なのかもしれません。

それぞれのご家庭のそれぞれのスタイルで、お子さんと一緒に七五三を楽しんでみてくださいね!

スポンサーリンク