スポンサーリンク




七五三ってどんな行事?いつやればいいの?前準備は?

スポンサーリンク




子どもが生まれて1〜2年がたち、だんだんと子育てに慣れてきた頃に「七五三」というイベントがやってきますよね。すると、「何も準備ができてない!」や「いつやればいいの?」「そもそも七五三ってどんな行事なの?」なんて疑問も出てくると思います。

実は私も、第一子の時に七五三について全くわかっておらずに直前で慌てふためきながら準備した経験があります(笑)。

ですがその時に色々調べたおかげで、第2子からはスムーズに七五三を行うことができました。

スポンサーリンク

今回はそんな私の実体験をもとにして、七五三とは何か?いつやればいいのか?どんな準備が必要なのか?などをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

そもそも七五三って何?

七五三とは子どもの成長を祝う日本の伝統行事の一つで、主に11月15日に行われます。

七五三当日は、子どもに晴れ着を着させて神社を参拝し、その後には近くのフォトスタジオや写真館で撮影したり、普段は行かないようなちょっと高いレストランで食事を楽しんだりします。

スポンサーリンク

また「七五三は11月15日にやらなきゃいけない」という決まりはなく、多少前後しても問題はありません。

なので最近では、七五三の時期をあえてずらし、神社で「七五三撮影ロケ」を開くと行った楽しみ方も。

時期をづらすことで参拝客の少ない神社をロケ地にすることが可能になるんですね。

スポンサーリンク

「流石にそこまではできないよ。」なんて方は、晴れ着姿を事前に撮影しておく前撮り、なんかをしてみるといいかも。

スポンサーリンク

事前に撮影しておくことでスケジュールに余裕ができ、子どものノビノビとしたいい表情を写真に収めることができますよ!!

↓前撮りの様子です

https://www.youtube.com/watch?v=1Jq9RTsT6BI

七五三はいつやればいいの?

ではそんな七五三ですが、いつ行えばいいのでしょうか?

基本的には、男の子の場合は満年齢が3歳と5歳の時、女の子の場合は満年齢が3歳と7歳の時、とされています。

ただ七五三に関しては、「絶対にこの年齢じゃなきゃいけない」という決まりはありません。

あまりに時期がずれ過ぎるのもおかしいですが、例えば「数え年だと七五三の年」だったり、「兄が5歳で弟が2歳、弟は1年早いけど兄弟一緒に七五三を行いたい」だったりする場合には、実施しても大丈夫です。

七五三の準備は?

七五三の準備として事前に用意しておくべきものは以下の3点です。

  • レンタル衣装の予約
  • 着付け、ヘアメイク用の美容院
  • 参拝する神社の決定と、ご祈願の予約

できれば準備は2〜3ヶ月前くらいから始めるようにしましょう。

あまりに直前になってしまうと、予約埋まっている場合が多いからです。

ここまで準備ができればあとは当日を待つのみ!

当日はカメラだけは絶対に忘れないようにしましょう。

大切なお子さんの晴れ姿を取れなかったともあれば、悔やんでも悔やみきれません!

まとめると、

  • 七五三とは、子どもの成長を祝う伝統行事
  • 時期は11月15日
  • 「衣装」「着付け」「ご祈願」の予約は忘れずに

ということです。

きちんと準備して、子どもの晴れ姿を存分に楽しみましょう!!

スポンサーリンク