スポンサーリンク




七五三をやる時期は? 予算はいくらかかるの?

スポンサーリンク




今年ももうすぐ七五三の季節がやってきますね!

私自身も昨年、長男の七五三を終えたばかりなのですが、知らないことだらけで大変でした。

そこで、ここでは意外と知らない人が多い七五三について紹介していきたいと思います。

七五三の時期は?

毎年、11月15日が七五三の日と言われています。

ただ絶対この日にやらなきゃというわけではなく、天気や混み具合を見て10月~11月の間に済ませるというのが一般的です。

年齢についてですが、七五三って、7と5と3の数字が並んでいるので、3歳、5歳、7歳になった年に

それぞれ3回やらなきゃ!って思ってる人、意外と多いんです。

もちろん去年まで私もそんな一人でした。

では七五三をやる一般的な年齢について見てみましょう。

スポンサーリンク

  • 男の子 三歳 五歳
  • 女の子 三歳 七歳

というようになっています。

但し、これはあくまでも一般的にはということらしく、最近では男の子の三歳を省いてしまう方がほとんだそうです。なので男の子は五歳のときに一回のみということになります。

もちろん、お住まいの地域や風習によって違いはあるようですので、これが絶対というわけではありません。

私は東京都に住んでいますが、長男の三歳は思い切って省きました。

三歳の男の子に着物(袴)を着せて動くのは大変だし、本人も「かっこいい!」とか「いつもと違うのが着れて嬉しい」といった感情がまだあまり芽生えていなかったのも理由の一つです。五歳になれば、自分から意見も言えますし、うちの子も「青がいい!」なんて言ってけっこう乗り気でやってくれました!

なので、お子様の成長具合や様子、地域の風習を見て決めるというのがいいかもしれませんね。

ちなみに、良く言う「数え年」と「満年齢」どっちでやるのかも実は知りませんでした。

そもそも、数え年と満年齢の違いまでお恥ずかしい話ですが知らなかったのです。

数え年というのは、生まれた年(日)を1歳と考え、1月1日を迎えるごとに1つずつ加算されていきます。満年齢は生まれた年(日)が0歳で誕生日を迎えるごとに年を重ねていく感じです。普段の生活の中では満年齢で話をしている方がほとんどなので、数え年ってあまり親しみがないのかもしれませんね。

じゃあ、今回のテーマ「七五三」では数え年と満年齢どっちでやるのが正しいの?となりますよね?

これも一般的には数え年(普段と違う年齢の数え方)でゆるのが当たり前だったそうですが、最近では、お子様の誕生日に合わせて満年齢でやる方々も増えてきているそう。

正直、私も数え年というのがよくわからなかったので、満年齢で数えた5歳でやりました。

男女の年齢もそうですし、数え年、満年齢の違いも含め、自分やご家族のスタイルでやられるほうがいいのかもしれませんね。

七五三の予算は?

七五三をやる時期についてはある程度わかったけど、お金はいくらかかるんだろう?

私もここが一番心配なところでした。

ここでは、関心の高い予算について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

衣装はレンタル?購入?

男女共にそうですが、一番差が出てくるのはこの部分だと思います。

兄弟がたくさんいるご家庭であれば衣装の使いまわしもできますが、男の子と女の子一人ずつのご家庭の場合、使いまわしもできません。

そこでやっぱりおススメなのがレンタルです!

最近ではインターネットで2泊3日などの着物レンタルをやっているところも増えてきました。中には使ったらそのまま返して大丈夫なところもありかなり気軽に利用できます。

ブランドにこだわらなければ、女の子で5,000円~15,000円程度 男の子でもほぼ同額で利用できます。必要な小物類まで全て揃っているので安心して七五三を楽しめますよ!

インターネットに抵抗のある方は、ほとんどの写真館でレンタルを行っています。

但し、予約が必要であったり七五三の時期である11月はかなりの先約が入っていることがあります。「あの着物を着せたいのに予約で借りれない。」なんてこともしばしばあるので早めの準備や問い合わせをしたほうがよいです。

中には、一生に一度だからやっぱり自分の物を着たい! 男3兄弟なので買った方がお得。とうい方もいらっしゃると思います。こちらも通販であれば13,000円程度から購入できます。もちろん高いものでは100,000円を超える物もあるので、予算に合わせてあったものを購入するのが良さそうですね。

その他の費用は?

その他にもかかってくる費用があります。まずはじめに神社にお参りをする際に必要な御初穂料(御祈祷料)というものがあります。

これを神社に収めると、大体の場合神主さんから祝詞というもをあげていただけます。

お子様の住所と名前を読み上げてもらい、これからの健やかな成長をお祈りする為のものです。予算は5,000円~10,000円くらいが相場となります。

お参りする神社によって異なり、金額もお賽銭のように自分で決められる場合が多いです。

私の場合も5,000円以上と指定があっただけで上限は設けられていませんでした。

これを終えると、七五三でよく見る「千歳飴」をもらうことができます!

やっぱりこれを持って写真を撮ると「七五三したな~」って気分になるので、お参りはしたほうがいいですね!

最後にかかってくるのが、写真の撮影料とアルバムの作成代です。

写真館にもよりますが、大体一枚5,000円~となり、豪華にしようとすればするほど予算がかさみます。私も何枚も撮っているうちに「これも、あれも、も~全部カワイイっ!」となり、結局7枚の写真をアルバムに入れました。かかった費用は62,000円。

結局、一番高くついたのが写真撮影とアルバム代でした…。

今ではスマートフォンがかなり普及しているので、神社を背景に何枚か撮影し、自分でアルバムを作るほうが安価で済むかもしれません。

大事な事は立派なアルバムを作る事ではなく、お子さんの健やかな成長を願う気持ちだと思います。お子さんが将来大きくなった時、「七五三やってもらったんだな~」とわかるアルバムであれば十分なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?最近の七五三は形式ばったものではなく、かなりラフになってきています。

やはり大切な事は、わが子の健やかな成長を願う気持ちであると思います。

皆さんもそれぞれのご家庭にあったスタイルで、自分たちだけの七五三を作ってみてはいかがですか?

スポンサーリンク