スポンサーリンク




七五三の今と昔の違いとは?

スポンサーリンク




皆さんは、七五三の時の思い出ありますか?可愛い着物を着て、両親に手を引かれながら神社にお参りに行く。私は、着物が重くて早く脱ぎたい!早く帰りたい!と駄々をこねていた記憶しかありませんが…苦笑

そんな七五三ですが、昔と今では色々と違うところが沢山あるみたいなのです。

七五三の『いま』と『むかし』をご紹介します。

そもそも七五三の始まりって?

昔は健康への知識不足、貧困などで多くの子どもたちが成人するまでの間に亡くなっていました。なので、7歳までは『神の子』とされ、無事に成長し大きくなってくことはとてもおめでたいことだったのです。そこで人々は、3歳、5歳、7歳と節目ごとに儀礼を行い、子どもの無事な成長を祈ったと言われています。

11月15日に行うという風習は、天和元年11月15日に徳川徳松(第5代将軍徳川綱吉の長男)の健康を祈ったことが由来という説があるようです。

スポンサーリンク

お祝いの時期

七五三のお祝いは、数え年で

  • 女の子は3歳と7歳
  • 男の子は5歳

になる年の11月15日に神社にお参りに行くのが昔は一般的でした。

しかし現在では、数え年ではなく満年齢で行われることが増え、日にちも、両親の仕事の都合などから、10月中旬から11月中の吉日や土日祝日に合わせて行うのが一般的なようです。

スポンサーリンク

参拝よりも写真がメイン

昔は、正装をして神社にお参りとご祈祷をしてもらって、最終ご褒美の千歳飴をもらって帰る。

というのが一連の流れでした。

スポンサーリンク

しかし、今では、当日衣装をレンタルし、神社に参拝。その後、みんなでお店でお食事会。という流れが一般的なようです。

当日の参拝よりも事前の記念撮影に力を入れているご両親も多く、写真スタジオの事前予約から、衣装の打ち合わせ、ヘアスタイルの打ち合わせ、女の子はもちろんメイクも。

今どきは、着物→洋装と衣装チェンジまで・・・!

お金が掛かって仕方ないですね…。

スポンサーリンク

また、記念写真だけ撮って、お参りにはいかないというご家庭も増えているようです。

お参りに行かないって、もはや何のための七五三何だろう…。神様もびっくりです。

今や七五三は人だけのものじゃない⁉︎

私が一番びっくりしたのは、七五三はもはや人だけの行事ではないということ。

どういうことかというと、なんとペットの七五三が行われている神社があるみたいなのです。

医療の発達とともに、犬や猫などの寿命も延びているほか、「ペットは家族の一員だ」とする認識が広まったことからそのような需要が高まったのでしょうか。これは驚きでした。

ペットの七五三→https://ichigaya.keizai.biz/headline/2225/

まとめ

いかがでしたか。七五三の今昔。時代の流れとともに、慣習も時代に合った形に変化しています。今やお祝いの仕方は1つではありません。それぞれのご家庭に合わせた方法で七五三をお祝いするのがベストなのかもしれません。

スポンサーリンク