スポンサーリンク




2016年全国高校サッカー選手権の出場校や注目選手は?

スポンサーリンク




第94回を迎える全国高校サッカー選手権大会は、12月30日(水)、駒沢陸上競技場からスタートします。

高校野球と並んで人気の高校サッカーは、見るものを熱くするフレッシュな舞台です。ここから何人の未来のプロ選手が誕生するのでしょうか。

今年は、ブルエンことBLUE ENCOUNTさんが歌う「はじまり」が応援歌として決定し、ますますかっこいい舞台となることは、まちがいありません。

スポンサーリンク

 

出場校は?

2015年11月中旬現在は、まだすべての出場校は決まっていませんが、神奈川県の桐光学園や、石川県の星稜高校など有名校が順当に代表権を獲得しています。東京都の決定も楽しみです。46の道府県から代表が1チームずつ、東京都のみ2チームの48チームが出場します。

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県のスタジアムが使われます。

スポンサーリンク

 

日程

大会の組合せ抽選会は、2015年11月16日(月)に行われます。

そして、大会は、2015年12月30日(水)から2016年1月11日(月・祝日)で、決勝戦は、埼玉スタジアムにて、14:05にキックオフという興奮の日を迎えます。

スポンサーリンク

 

優勝回数

現存する高校の中で、最多優勝を誇るのは、兵庫県立神戸高等学校です。残念ながら近年の優勝はありませんが、サッカー部は、全国大会に25回も出場し、優勝7回、準優勝2回という成績を残しています。また、日本代表選手を20人以上も輩出しており、まさにサッカー校でありながら、国公立大学への進学率も高い文武両道の高校です。

その他、帝京高校、国見高校は6回、市立船橋高校は5回、藤枝東高校、市立浦和高校は4回の優勝など、近年活躍している高校が優勝校としては多いです。しかし、ここ10年を見ても、同じ高校が優勝していることがないので、今回もどこが優勝するのかたいへん見ものです。

 

ずばり優勝の期待は?

初優勝や番狂わせ、順当に勝ち上がりなど、勝負の世界はどのような結果が待っているかわかりません。今大会はどのような期待がかかっているのでしょうか。

スポンサーリンク

市立船橋高校(千葉県)は、名門と呼ばれるサッカー校です。Jリーガーへの輩出も全国で最も多い高校です。今年のインターハイで惜しくも準優勝となり、そのリベンジとして燃えていることでしょう。

東福岡高校(福岡県)は、長友選手の母校でもあり、インターハイでここ2年連続優勝している強豪校で、ますます強さにみがきをかけているといえます。主将の中村健人選手のサッカー技術はセンス抜群で、期待の星です。

青森山田高校(青森県)は、常連中の常連で、常に優勝候補に上がっています。10番の神谷優太選手の得点力と、すばらしい体格の常田克人の活躍がより一層期待されます。二人揃ってプロ入りが決定しています。

 

チケットは?

例年11月中旬から発売が開始されています。今年は、11月17日(火)10:00より一斉に発売を開始します。

日本代表の本田選手や岡崎選手も経験したこの大会は、注目度も非常に高く、是非とも生で応援したい人も多いのではないでしょうか。

通常、前売り券は“チケットぴあ”で購入します。もちろん、近くのコンビニで受け取りも可能です。

人気の組合せや、決勝戦は、売り切れてしまう可能性もあるので、あらかじめ購入しておいたほうが、無難です。

あとは、残っている場合のみ当日券を買うことができます。指定席と自由席があります。

 

どれだけ毎日コツコツ練習していることか、どれだけの人たちが支えているのか、その努力やサポートは計り知れないものがあります

。憧れのスタジアムで、選ばれた者だけが経験できる全国大会。青春の1ページとして彼らの心に絶対刻まれるこの瞬間を誇りとして、今後の人生に役立っていったらどんなに素敵なことでしょうか。大人たちは、ただ応援するのみです。

未来のJリーガーや海外リーグのプロのたまごが今年も活躍してくれることを望みます。

 

お正月シーズンと言えばこちらも見逃せません!

箱根駅伝に関する記事はこちら!

 

スポンサーリンク