スポンサーリンク




今まで贈っていたお歳暮を中止にするには?挨拶は必要?

スポンサーリンク




こんにちは!早いものでもうすぐお歳暮の季節がやってきます。

忙しい暮れをさらに忙しくさせるお歳暮…

気苦労も多いですよね。しかもお歳暮は一度贈りだすとなかなか止めずらいもの。

そこで今回は、もし今まで贈っていたお歳暮を中止するとしたらどうすれば?そんな疑問にお答えしていきたいと思います。

お歳暮を中止するときは…

そもそもお歳暮というのは、一年の暮れにお世話になった方々へ日頃の感謝の気持ちをカタチにして贈ることをいいます。

その中で、お世話になった事が「今年は」なのか「今年も」なのかもポイントとなってきます。「今年も」なのであればお歳暮を贈るべき状況ですが、「今年は」などのように、ある一時、一定の期間に親交がありお世話になったと感じた場合はお歳暮ではなく「お礼」として贈る事が正しいです。

あくまでも継続的にお世話になった方々へ習慣的に贈るものがお歳暮なんですね。

それでは、そのお歳暮を中止するにはどうしたらよいのでしょうか?中止する理由はいくつもあると思いますが、なんとなく疎遠になってきた、という事も少なからずあるでしょう。年とともに自分や周囲の状況が変化することは当たり前でごく自然な事です。

疎遠になってきた相手にお歳暮を贈るのもつらいですが、贈られる側も気を使ってしまいますので良いことはありません。

そんな時は思い切ってやめてしっまたほうが良いでしょう。

一番失礼にあたることは、上辺だけのカタチになり、気持ちがこもっていないことです。

あくまでも一年の感謝の気持ちをカタチにして贈っていることを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

お歳暮を中止することは決めたけど、挨拶は必要?

お歳暮を中止することは決めたけど、相手に失礼にあたるのではないか?と不安に思う方も多いと思います。

贈らない事を相手に伝える挨拶状のようなものはいるの?とお思いの方もいるでしょう。

そこでここでは、お歳暮を中止するときの挨拶について紹介します。

基本的には、お歳暮を中止するのに挨拶状のようなものは「不要」です。

自分の立場に置き換えて考えてみると、いきなり「今後、お歳暮を贈るのを止めさせていただきます」のような挨拶状が届いたりしたら、気分のいいものではないですよね?もちろん相手も同じ気持ちです。

ここはシンプルに贈る事をキッパリと止めてしまう事が正しい選択です。

お中元、お歳暮と年に2回の贈り物をしていて贈ることが負担になってきたという方は「お中元のみ中止」というかたちをとることもできます。

「お歳暮」を中止し、「お中元」のみ続ける事は一般的に非常識とされていますので注意が必要です。「お中元」を贈るのであれば「お歳暮」も贈り続ける事がマナーになります。

どちらかだけという事であれば、「お歳暮」のみ贈る事が良いでしょう。

「お歳暮」は1年の締めくくりに感謝の気持ちと次年度の挨拶も含めて贈るものです。

「お中元」と比べると重要視される傾向にありますので覚えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

突然の中止は抵抗があるという方は…

そうはいっても、「いきなり中止することには少し抵抗が…」と思う方や「勇気がない…」という方もいらっしゃると思います。

頻繁ではないけれど年に1~2回親交がある場合も悩みどころですね。

そんな時は「お歳暮」という形ではなく、親交があった時期に合わせてお礼を贈ってみたり、旅行にいったときに簡単なお土産を渡してみたりとカタチを変えて何かを贈る事も可能です。重要な事は「相手を思っている思いやりの気持ち」です。

どんなカタチであれ、相手に気持ちが伝わればそれで充分なのかもしれません。

今回はお歳暮を中止するには?というテーマで見てきました。

お歳暮は一度贈りだしてしまうと止めることが難しいものですので最初が肝心です。

でも、中止する場合には勇気をもって、相手への感謝の気持ちを忘れずに何かの折に違う形で感謝を伝えても大丈夫です。

大切な事は、上辺の付き合いではく、誠実な感謝の気持ちだと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク